応援をする者される者手に汗握る決勝戦

じょんのびオープン2009が晴天の新潟市庭球場で閉幕。
e0156339_10374941.jpg

e0156339_10403419.jpg

e0156339_9282359.jpg
シングルス決勝は男女ともストレートでの決着。
男子は、JOPランキング91位(2月末現在)で第3シードの岩橋祐介選手が、同27位で第1シードの有本尚紀選手を62、62で破っての優勝。
e0156339_9305069.jpg

女子は、JOPランキング137位(2月末現在)で第8シードの菊川栞選手が、同52位で第2シードの関根慧選手を64、63で破っての優勝。

結果はこちら。↓
http://www.jumbo-tennis.net/news/images/090418jonnobidanshi.pdf
http://www.jumbo-tennis.net/news/images/090418jonnobijoshi.pdf

これまでになく大勢の観客を前にしてそれぞれがベストな戦い方を見せてくれました。
じょんのびオープンへの出場、ありがとうございました。
更に切磋琢磨してレベルアップを図っていただきたいと思います。

さて、観戦に来てくださった大勢のその中でも目を引いたのがある高校のテニス部員。20人くらいでごそっと応援(見学)に来てくれました。
風邪を引いて熱があるにもかかわらず引率してくださった顧問の先生は、レベルの高い試合を生徒に見てもらいたいんです、とおっしゃってました。

そうなんです、いつも不思議に思っていました。地元の高校生はなぜ試合を見にこないのだろうか?

単複で優勝した岩橋祐介選手はジャンボで育ち14歳以下ワールドジュニアの日本代表になり地元の明訓高校から筑波大学に進みインカレや全日本選手権、国体などで活躍している名プレーヤーです。こんな良い見本の試合がすぐ近くで見れるわけです。

高校生のテニス部員に、君たちが目指すテニスをしている選手が一杯出場するから見にきたら?と勧めると、練習があるから行けません、とか、先生が許可してくれません、とかの返事。

ここには二つの問題が隠されていると思います。
一つは生徒の自主性の問題。つまり、自分の人生を自分で切り開こうとしない積極性の欠如です。決断力の不足、横並びの安心と言ってもいいのかも。
二つ目は部活の問題。つまり、自分にとって必要なものは何か、どんな決断をすればいいのかを考え実行するトレーニングの場になっているのだろうか、ということ。

男女の決勝戦のあとの引率の先生の言。
「試合をちゃんと見れるのかが心配だったけど、みんな思ったより熱中して感動しながら見ていたので連れて来て良かったです。」

そんな生徒と先生に私からのプレゼント。先生、試合はもう終わりましたからどうぞ5時までコートをお使いください。ボールもお使いください。

これを先生が生徒達に伝えると、こんなきれいなコートを4面、しかも1時から5時まで使っていいんですか!とみんな大喜び。
どのコートでもみんなボールを追って走りまくってました。
そこには子どもらしい(高校生を子どもと言っていいのかどうか・・・)喜々とした表情と声が溢れていました。
e0156339_930180.jpg

ヒトは視覚によって80%以上の情報を得ると言われています。聴覚からは11%くらいです。
つまり、そこへ足を運び、見て聴くことにより90%以上の情報が得られることになるのです。
ということは、先ずそこへ行こうという意思決定があってはじめて何かがスタートするわけです。

だからこそ、そんな先生と生徒たちに心を動かされた私は何かをプレゼントしたいと思ったわけです。

また、じょんのびオープンに出場した選手たちはそのことをよく分かっているからこそ遠い新潟まで足を運んで来るのだと思います。
北海道からの選手もいました。中学生も高校生も大学生も社会人もプロもいました。
自分にとって大事なものを追い求めていく心の強さを示しているとも言えるのではないでしょうか。

引率の先生の決断にエールを贈りたいと思います。

ジュニアの卓也は決勝の終わった有本選手に、僕と一緒に練習してくださいお願いします!と言って30分間の練習を自ら獲得。これも偉い。新幹線の時間が迫っているにもかかわらず卓也の希望を叶えてくださった有本選手、ありがとうございます。有本選手からこんなことをアドバイスしてもらいました、と卓也はあとで私に教えてくれました。嬉しいです。
e0156339_938529.jpg


12日の予選からの1週間、選手の皆さん、コーチ引率のみなさん、運営スタッフのみなさん、応援観戦のみなさん、テニス協会関係者のみなさん、会場施設のみなさん、ご協賛いただきましたみなさん、本当にありがとうございました。
来年も、テニスを愛する人すべての人のための大会にすべく努力して開催します。
よろしくお願いいたします。

☆☆ 夢はいつも君の手の中にある ☆☆
[PR]
by jumbozaki-625 | 2009-04-19 09:48 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧