決めたことやり抜いてみせようこの一球君の一球私の一球

北信越学生テニス選手権大会、いわゆる「夏本戦」の、今日は3日目。

会場の新潟市庭球場の周りには水田が広がる。

黄金色に染まり始めた稲の香りが鼻腔をくすぐり、収穫の秋を予感させる。

選手達はしかしそんな余裕はないかも知れない。

今日も激闘が続いた。

試合に勝つのは、いつも思うが、簡単ではない。

女子の試合で、サーブが入らないとみるや、アンダーサーブをし続けた選手がいた。

対戦相手は、次の王座予選で使うために改良中のサーブを根気よく続けた。

どちらも自分で決めたことをやり抜いた。

そして、どちらかが勝ち、どちらかが負ける。

勝負とはなんぞや。
e0156339_0453253.jpg

明日も試合は続く。
[PR]
Commented by けっち。 at 2009-09-08 23:09 x
なんか読んでて苦しくなっちゃいました(>_<)
勝つことは簡単ではない..どちらかが勝って、どちらかは負ける、だから苦しいのか。。うむ( ̄~ ̄;)
Commented by jumbozaki-625 at 2009-09-09 00:39
>けっち。
艱難辛苦我にあれ、という言葉がありますな。
by jumbozaki-625 | 2009-09-08 00:46 | テニス | Comments(2)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧