17のUSオープン燃え盛る

アメリカの17歳、メラニー・オーディンについて。

オーディンは「接戦を重ねることが自分を強くする」と言い切る。
その通りだと思う。

よく、勝ったり負けたりする中で強くなる、と言うが、彼女の場合は
もっと具体的に「接戦を重ねることが」と言うのが大きく違うところ
だと思う。

誰しも接戦をせずに簡単に勝ちたいと思うだろう。
しかし、負ける時に簡単に負けたいと思うだろうか。

いやいや、簡単には負けたくないと思うに違いない。
なぜなら、試合は今行っている試合が最後の試合ではないことが
分かっているからだ。

この試合が終わっても、大会はまだまだあるし試合はこれからも
数多くある。
それを考えれば試合を競る中でやれるだけのことをやることが自
分を磨くことでありレベルアップする絶好のチャンスだと思うだろう。

だから、たとえ試合のスコアが0-6、0-6でも全部のゲームがジュ
ースであればそれは接戦だと言えるだろうし、そうありたいと思う
のではないだろうか。

実力が伯仲した者同士が対戦する時、お互いに勝ちたいのだか
ら、そうなれば接戦が多くなることは間違いない。

さてその接戦をしている真っ最中に、「この接戦が自分を強くする
んだ」と思って最後までプレーできるかどうかが問題なのだ。

メラニーの場合はそれができる、と言っている。
そして、「私は精神的に強いから私に勝つのは簡単ではないよ」、
と言ってのける。

そんなコメントを聞いていて私は嬉しくてしようがなかった。

ジュニア部門に出場している日本男子選手のコメントを抜粋して
みよう。(日本テニス協会の速報から)
1回戦、7-5、6-1で勝った江原弘泰。

(第1セット、5-2リードから追いつかれて)「セットを取れそうだ
という思いから、守りに入ってしまった」
「5-5で冷静になり、攻撃的にプレーした結果が7-5。前へ前
へという気持ちでやっていたら、プレーもよくなった」
「優勝するには相当頑張らなくてはいけないが、目標は優勝」と
いう彼は18歳になったばかり。

メラニー・オーディン、17歳はジュニア部門ではなく一般部門で
只今ベスト8。
e0156339_0125262.jpg
(写真は小6のTAKAHIRO)
[PR]
by jumbozaki-625 | 2009-09-10 00:21 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧