圭と伊達から 戦い抜く心を学ぶ

なじらね~

e0156339_1594345.jpg



錦織圭が逆転勝ちをしたのに続き、伊達公子も第9シードのサフィーナを相手にセカンドセット2-4から4ゲーム連取し6-4で取り返すと、ファイナルセットも1-4の劣勢から逆転し7-5で勝利を納める。

世界中で伊達公子しかできないテニスを貫き通している。

右足ふくらはぎのテーピングが痛々しいが、ミスをしてもがっかりすることなくすぐに次のポイントに向かっていく姿は、すがすがしくも頼もしいじゃないか。

2010年、今年の全仏はますます面白いぞ。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2010-05-26 02:02 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧