意外性は作られる?

なじらね


スポーツを観戦していて楽しいのは、えっ!?と思うようなプレーに出くわす時。

全豪オープンでのドルゴポロフ(ウクライナ)がまさにそうです。

準々決勝で第5シードのアンディ・マリー(英国)に7-5、6-3、6-7、6-3で負けましたが、

全豪初出場だというではないですか。


どんなところが、えっ!?と思うのかというと、まるでじゃれているかのようなスムーズさで強打

をするのですが、それがどえらい強打のように見えます。

強打するぞ~、これから打ち込むぞ~、と、見るからにそれとわかるような身体の使い方では

ないのですな。

まるで、遊んでいるような、打つのが楽しいから打っているんだよ、と言わんばかりで、なのに

突然の強打。



ある意味、プロが到達する理想のような気がします。

練習と試合がまったく同じようにできたらどんなにいいだろうかと殆どの競技の選手たちが思っ

ているはずですから。



だからこそ、練習は試合のように、試合は練習のように、と、よく言われますよね。

これが、言うは易く行うは難し、です。


その境地に達するために人はさまざまな努力と工夫を重ねるわけです。

ドルゴポロフの練習風景を覗いてみたいものですね。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-01-26 18:03 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧