戦ってデビスカップで手をつなぐ

なじらね~



デビスカップ、対フィリピン戦、日本は3勝1敗で勝ち、駒を進めました。

近藤大生/鈴木貴男組のダブルスで1敗したあとの添田豪(110位)のシングルス。

7(5)-6、6-2、3-6、6-3でセシル・マミート(738位)を破りました。


日本テニス協会のメルマガによると、暑さと球足の遅いコートによる体力の消耗は

ランキングの差が無いに等しい状態を作り出したようです。

ダウン寸前のボクサーのようだったといいますから。



添田豪がなんとかセシル・マミートを突き放して勝利を確定したあと、今年のデ杯で

引退するというマミートを両チームの選手とスタッフが胴上げして3日間の奮闘を称

えたそうです。


テニスっていいなあ、スポーツっていいなあ。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-03-07 21:55 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧