出たいよね 県予選 北信越予選

なじらね~

e0156339_238479.jpg

4月16日に「じょんのびオープンテニス2011」を開催している同じ会場

の半分を使って、全日本ジュニアテニス16歳以下新潟地区予選が行わ

れました。

開会式で今回の大震災で亡くなられた方の冥福を祈るべく、被災地の早

い復興を願い、黙祷をささげました。


e0156339_23151442.jpg

この予選での上位4人と4組が、それだけが5月の県予選へ進みます。



男子シングルスのエントリーは32人、ダブルスは14組、女子シングル

スは15人、ダブルスは8組です。

男子のエントリー32人というのは初めてです、つまり多いのです。

16歳以下のカテゴリーは高校1年と中学3年ということもあり例年とて

も少ないのですが。

実際はもっと沢山のエントリーがあってもいいはずなんです、だって高校

1年でテニスをしている人が少ないはずがないんですから。

何かが出場の妨げになっているんです・・・。


ということで、エントリーが増えると私としては嬉しい限りです。

嬉しいのですが・・・雨に降られて約3時間半も中断を余儀なくされてし

まいました。

原発事故による節電の影響で公営コートはナイターが使えないため6時で

打ち切り。

やむなくジャンボテニスに移動して試合続行です。

う~ん、11時までかかりました。
e0156339_2316796.jpg

e0156339_23162785.jpg


プレーを見ていると、波が大きいんですね、この年齢は。

地区予選ということもありますが、いいプレーが続かない、いいプレーの

すぐ後に何でも無いようなミスをする、連続失点が多い、ということです。

これを裏返せば、このことを理解しさえすれば、誰にも勝つチャンスが沢

山ある、ということです。


ではどうすればそれを本人が理解できるのか?ですよね。

答えは・・・試合経験だと思います。

新中学3年や新高校1年の年代は試合数があまりにも少ないと言えます。

大会開催に関して言えば大人のせいでしょうが、自分たちで何とかして試

合数を増やそうとする意欲がもっともっと必要な気がします。

誰かが何かをしてくれるのを待っていては時間なんか、1年なんかあっと

いう間に過ぎてしまいますよ。

試合こそ最良の練習なんですから。



どげんかせないかん!
e0156339_2317142.jpg

(県予選出場を決めた選手たち)
[PR]
Commented by 桜っ子 at 2011-04-20 07:40 x
出場を決めた子どもたちの笑顔がとても輝いて見えます。
子どもたちだけでなく、今を生きる私たちの課題は普通の生活ができることをありがたいと思うこと、そして一日一日を大切にするということかもしれませんね。努力してみます^0^v
Commented by jumbo ozaki at 2011-04-20 10:03 x
>桜っ子さん
はい、何気なく見える普通の生活がいかに貴重なものか!
予選を勝ち抜けなかった選手も素敵でした。
大会シーズンが始まり、まだまだチャンスがあります。
チャレンジして欲しいです。
ええ、大人も。
by jumbozaki-625 | 2011-04-19 20:48 | テニス | Comments(2)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧