砂入り人工芝コートはコンビニ病

なじらね~


全仏オープン、リー・ナがストレートでスキアボーネを破っ

て優勝しましたね。


二人とも、フィジカルな強さとメンタルの強さには目を見張

ります。


スローでイレギュラーの多いアンツーカーのコートでは、そ

のどちらともがタフな選手が勝ち上がっていくような気がし

ます。


コートが選手を育てていくのでしょう。



全仏はアンツーカー(レッド・クレー)、全英は天然芝、全

米と全豪はハードと、4大大会が同じサーフェスではないか

らまた面白いですよね。


日本はいつの間にか砂入り人工芝のコートだらけ、いえ、そ

れしかない、といってもいいくらいの状況になってしまい、

新潟でも土のコートを探すのにはひと苦労します。


砂入り人工芝のコートは日本という国を象徴しているような

気がしてなりませんが・・・。


高温多湿の日本の気候に適しているとよく言われますが、要

はテニスという文化性よりも便利さを優先させているという

ことではないでしょうか。


ローラーをかける必要も無し、水撒きをする必要も無し、ラ

インを掃く必要も無し、まことに便利なものです。


その便利さにかまけて、テニスとテニスコートが持つ大事な

ものを棄て去っていった私たちがいるのだと思えてなりませ

ん。



そして、砂入り人工芝のコートは子どもたちの適応力を開花

させるにも不十分だと私は思います。


これは子どもたちが選んだことではなく、日本の我々大人ど

もが自分の都合で、したことですよね。


「便利な」自動販売機や「便利な」コンビニで埋め尽くされ

ている我々の国、日本!




ローランギャロスで優勝したリー・ナの背中にはアンツーカ

ー・コートの赤い土がまるでデザインのように斑点になって

いました。


激しいフットワークで跳ね上げたものです。

それは彼女が初めて獲得した全仏の優勝トロフィーに匹敵する

もののようにも見えます。


おめでとう、アンツーカー・コートの新女王、リー・ナ!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-06-05 23:46 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧