負ける姿は不要

なじらね~

e0156339_21374641.jpg


ストーサーが勝ちジョコビッチが勝ったUSオープン2011。

準決勝、フェデラーとジョコビッチの対戦において、ファイナルセット

5-3でフェデラーのサーブ、40-15になったとき、やっぱりフェデラー

が勝つのか強いよな、と私は思ってしまいました。



しまいました、というのは、今度はジョコビッチがフェデラーをこの舞

台で破るに違いないとどこかで思っていたからでしょうね。


ところが、ファイナルセットでしかもフェデラー5-3のサーブ、40-15

を迎えたわけで、ここから崩れるフェデラーをイメージすることはでき

ませんでした。

やっぱりフェデラーは強いよな、となったわけです。



事実はご承知の通り、2つのマッチポイントを切り抜けたジョコビッチ

が逆転で勝利をもぎ取りました。


ジュニア達にいつも言っていることを思い出しました。

「試合が終わるまでチャンスはある、

それを掴むのは自分だ、

試合が終わるまで試合は終わっていないのだから

ベストを尽くそう」


そう言っておきながら、ジョコビッチの逆転の可能性を捨ててしまった

自分を恥じています。

反省しま~す!



表彰式でジョコビッチがかぶっていた帽子は契約メーカーの物ではな

く、FDNY、つまりニューヨークの消防局のキャップでしたね。

ジョコビッチの生き方がよく現わされていると思いました。

素晴らしい選手!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-09-14 21:37 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧