夢はいつも君の手の中にある

なじらね~

e0156339_0335989.jpg

むかし昔その昔、とは言っても20年くらい前のことですが、TTC(吉田記

念テニス研修センター)がオープンし、北軽井沢でジュニア合宿を始めま

した。



当初から我々北信越ジュニア委員会は積極的にその合宿に参加したの

ですが、そこにいました、この男が、いえ当時はもちろんジュニアです、と

ても元気のいい。



名前が・・・松井俊英!

俊(とし)です、当時も今も。



その俊が今開催中の全日本テニス選手権の2回戦でファイナルセットに

おいて7回のマッチポイントをしのいで逆転勝ちしたというのです。

松井俊英(ライフ・エヌ・ピー) 6-3,5-7,7-6(7) 片山翔(早稲田大学)



タイブレークは片山の6-3だったと言います。

しのいでしのいで迎えた最初の自分のマッチポイントで勝負をつけたそ

うですから、とんでもない奴ですよ、ね。


試合後のコメントが、「初戦はいつもあんなもの。タフマッチでした」といい

ますから、感服ものです。



私はジャンボのジュニア達によく話をします、俊のことを。

むかし昔その昔、おれは絶対プロになるんだ!と言い続けて本当にプロ

になった奴がいるんだよ、そして日本代表にまでなって、まだ活躍してい

るんだ、君たちもその気になるかどうかなんだ、だから、がんばろうぜ、と。



そんな俊の話を私から聞かされながらジャンボで育った岩橋祐介が3年前

の全日本のダブルスで俊と岩淵のペアに決勝で対戦したときには、さすが

に感慨深いものがありました。



俊はジャンボでは夢をかなえた伝説の男になっているのですよ、すでに。



明日は宮崎雅俊との対戦です。

応援します、ライブスコアで。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-11-09 23:58 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧