1球のための連続10球

なじらね~

e0156339_0145696.jpg

練習の最後におこなう打ち込み連続10球。

連続で10球打ち込むことができるようにという練習です。


打ったらすぐに後ろのネットまでダッシュして次のボールに

向かいます。


同じ場所で打つのとは違って運動量が多く、それは疲れます。

気を抜けません。


5、6球までは割りとうまくできると思いますが、10球連続での

打ち込みはそう簡単ではありません。


自分でやってみればわかります。


途切れたら次の人と交代し、自分の順番が来るまで待たなけ

ればいけません。


この待つ時間は闘志を燃やすために必要です。



10球目になったら自分で大きな声で「マッチポイント!」と

言ったうえで打ちます。

そこで入らなかったらまた1球目からのスタート。


孝浩と健太は2回成功させました。

一生はマッチポイント!でネットにかけて再スタートです。

他のジュニアは・・・またチャレンジです。



単純な練習ですが心身を鍛えます。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-01-09 00:11 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧