「夢ではなく目標として」

なじらね~

e0156339_1019165.jpg
(朝日新聞2012/7/22)

アトランタオープンで添田豪が錦織圭を破ったという。

スコアは6-2,6-1。

いいニュースだと思います。


世界のトップに肉薄する錦織がいて、その錦織に勝つことによって

錦織が立っているステージがより身近なものになるわけですから。


「遠い夢」から「手の届く目標」になったとき、よしやってやろうという

エネルギーは更に大きくなるのだと思います。


「僕には失うものが何もない」とは添田の試合後のコメント。

この気持ちのときは強いとよく言われます。


添田の準決勝の相手はジレ・ミュラー(ルクセンブルク)。

ジレ・ミュラーも「夢」から「目標」への道を突き進んでいるはずです。

そんな二人の激突に注目したいです。



添田に負けた錦織もまた一歩進みますね。

トップ20の選手はいつも背後から誰かが追いかけてくるわけですから

厳しい立場でしょう。

でも後ろを気にするのでなく、より前を向いて欲しいと思います。



「遠い夢」から「手の届く目標」へ。

子どもたちがこの転換を体験するにはどうすればいいでしょうか。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-07-22 10:21 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧