「本当の集中」

なじらね~



ファイナルセット、アザレンカが5-3とリードしポイントが

30-30となった時、私はむしろ対戦相手のセレナの表情の

方を見つめていました。


静かな、落ち着いた表情だったと思います。

あと2ポイントで決着がつき2012年のUSオープンチャン

ピオンが決まるのです。

自分は敗者として。


ところがセレナの表情からは静かな落ち着きしか読み取

れません。

そのしぐさからも切迫した感じや動揺や焦りや怒りなど

は全く見て取れませんでした。


結果は3-5から4ゲーム連取しての見事な逆転勝利。

アザレンカは一度もマッチポイントを握ることはなかっ

たのにセレナは最初のマッチポイントで勝利を手にした

のです。


あなたはあの時どんな精神状態だったのですか?

とセレナに聞いてみたいものです。


思うに「本当の集中」がなされていたのではないでしょ

うか。

セレナの静かな表情にアスリートが目指す極致を見るこ

とができたような気がします。



そんなセレナをあと少しまで追い詰めたアザレンカにも

同じ質問をしてみたいものです。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-09-10 23:06 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧