総合力を駆使するテニス

なじらね~


デ杯決勝はチェコとスペインの対決。

プラハのインドアコート、速いサーフェスで今まさに行われて

います。


R. STEPANEK  3-6 4-6 4-6  D. FERRER

T. BERDYCH  6-3 3-6 6-3 6-7(5) 6-3  N. ALMAGRO

T. BERDYCH/ R. STEPANEK  3-6 7-5 7-5 6-3 M. GRANOLLERS/
M. LOPEZ

第1シングルスはスペインのD. FERRERが取りましたが

そのあとはチェコが2勝し、チェコが2勝1敗とリードして、

ベルディハが優勝をかけてフェレールと対戦中。


速いサーフェスを用意したのはもちろんチェコの作戦でしょう。

スペイン勢はスローコートでは抜群の強さを発揮しますからね。


ベルディハはこの試合に勝てば優勝という状況での起用ですから

当然勝って母国を優勝に導きたいでしょうし、であるが故の

プレッシャーも当然感じているでしょう。


スペインのフェレールはそこが逆に狙い目でもあると理解して

いると思います。

第1セットを取ったフェレールは第2セットも5-2リード。

錦織よりも身長が低いですが持ち前の足と粘りとクレバー

なテニスで長身のベルディハを苦しめています。


時速200キロを簡単に超えるベルディハのサーブに対しフェレールは

170キロ台で対抗するのですからここにテニスの面白さがあると思います。

ここまで、76%の1st サーブを入れ、そのうち82%でポイントを取っています。

片やベルディハは65%の1st サーブを入れ、そのうち63%で得点。

差がよくわかります。


フェレールが第2セットも6-3で取りました。

デ杯はここからです、勝負は簡単にはつかないでしょう。

走り回っているフェレールは疲れが出てくるでしょうし、本人もベルディハも

それを知っているでしょうから。



日本が決勝の舞台に上るのはいつでしょう・・・。

来年?
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-11-18 22:52 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧