接戦をものにするためには

なじらね~

e0156339_23104121.jpg

e0156339_23465949.jpg
新潟ジャンボオープンは4日目も晴天。

メイワサンピアのデコターフの上には秋を感じさせる雲が。

暑いですが心地よい風が吹きます。

e0156339_231192.jpg

応援の皆さまはテントの下で。


第1シードの宮﨑雅俊選手(JOP26位)とノーシードの只木信彰選手(JOP695位)の対戦は火花が散るような展開となりました。

お互いに相手のバックにボールを集めながらチャンスとみるやオープンコートに攻め込む。

弱みを弱みとせず、ボールを深くコントロールし、わずかなチャンスも逃さないぞという緊張感が続きます。

両者一歩も譲らず取って取られての第1セットはタイブレークに突入。

2回のエンドチェンジを経ての攻防は積極的に高い打点で打ち込もうとする只木選手
にわずかなミスが出て宮﨑選手がガッツポーズ。
第1セットだけで約2時間のすさまじいバトルでした。
e0156339_2331554.jpg

e0156339_23313193.jpg

e0156339_2331459.jpg

高い緊張感の中でのタイブレークを落とした只木選手はエンジンの出力を再び上げる
のが難しかったか、第2セットは0-6。

それほど第1セットが素晴らしかったとも言えると思います。
片や宮﨑選手、四国のさむらいは健在です。



ダブルスの準決勝は新潟出身の大学生、植木達也・保々皓祐組が第1シードを破り
ました。
e0156339_23454133.jpg

e0156339_23495744.jpg
e0156339_23501845.jpg
e0156339_23503438.jpg

e0156339_034022.jpg
第2セットを取り返しファイナルセットのマッチタイブレークをもぎ取っての勝利。

うまくコミュニケーションをとっていたと思います。

マッチタイブレークでエンドチェンジをする際の水分補給をする二人を見てください、

同じポーズです。

こういうときは息が合っている証拠、プレーも息が合い、隙がありませんでした。



シングルス準決勝とダブルス決勝は明日の11時から。

雨のため会場を変更し、ジャンボテニスで行います。

みなさ~ん、応援にきてくださ~い!
e0156339_075498.jpg

運営ボランティアの皆さま、暑いなか、大変ありがとうございました。



[PR]
by jumbozaki-625 | 2013-08-29 23:59 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧