12歳以下のテニスに必要なもの

なじらね~
e0156339_1392297.jpg


e0156339_1394411.jpg


e0156339_1395857.jpg


e0156339_140105.jpg

9/20の新聞に伊達が提案した12歳以下の団体戦がJTAに承認され
来年3月から予選開始、11月頃に本戦という記事が載っていました。

グッドニュースだと思います。

伊達が引退した頃だったと思いますが、日本の部活の特殊性を指摘しな
がら中学生の年齢でのテニス経験の少なさは日本のテニスにとって大き
な課題だというインタビュー記事を読んだことがあります。

なんとかしなければという思いが伊達の「キッズテニス」への没頭につな
がったような気がします。
あの頃伊達は日本中を駆け回りました、すごいエネルギーだと思ったも
のです。

そうなんですね、ゴールデンエイジでのテニスを充実させるのが王道だと
思います。
なにをやっても結局そこに辿り着くのです。

ワールドジュニア(14歳以下団体戦)世界大会が山中湖で開催されてい
たころからJTA関係者に小学生の団体戦を提案していましたが誰もが総
論では賛成、しかし各論になると検討しましょう(つまりやらない)という反
応で実現には至りませんでした。

全小や全日本ジュニアの12歳以下の大会に選手を送り出したことのある
指導者や父母ならお分かりだと思いますが、プロと同じあの広いコートで
たった一人で戦う姿には雄々しさだけでなく痛々しいものを強く感じていま
した。

体力的な厳しさはもちろんですがテニスと言う競技の特性から、あの孤独
さ、長時間にわたって誰からもアドバイスや援助を受けられないということ
の方が低年齢のジュニアにとっては厳し過ぎるのではと思います。

団体戦はこの問題を解決します。

体力的にも精神的にも経験的にも未熟な段階のジュニアには良いアドバ
イザーが必要であり、団体戦ではそのアドバイザーが認められるからです。
アドバイザーとは監督、コーチ、チームメイトのことであり、試合中にコート
サイドに控えていてコーチングができます。

選手は自分一人で戦うのではなくアドバイザーと協力して試合を進めるこ
とができるわけです。
これは低年齢の選手にとって非常に重要な要素だと言えます。

また、チームとして戦うことによって人間関係の機微や大事さを学ぶことが
できるのも大事な要素だと言えます。
確かにテニスは個人スポーツだとよく言われますがもともと相手がいなけ
れば試合はおろか練習すらままならないわけですから「関係性」のスポー
ツであることには間違いないのです。

共に食事をし、一緒にミーティングをし、同じ部屋で寝て、チームの勝利の
ためにプレーし応援し、力を合わせる。
そこには個人戦では体験できない様々な宝物があります。

団体戦の風景と個人戦の風景の違いに着目するのもいいかも知れません。
通常のジュニアトーナメントではラウンドが進むにつれて選手の数が減って
いき応援する人の数もそれにつれてどんどん減っていきますが、団体戦では
最後の表彰式までほぼ全ての選手や応援者が残っていて賑やかに大会を
終わることが多いのです。
試合をした相手との交流を深める機会が多くなります。
これもジュニアたちにとって大きな要素と言えます。

人生が孤独ではないようにテニスは決して孤独なスポーツではないことを
低年齢の頃に理解し「テニス仲間(大人を含む)」の存在と価値を知ることは
何よりの栄養になると思います。

ジュニアだからこその団体戦!

そんな思いを込めて北信越ジュニア委員会は2009年からすでに実施して
います。
まず自分たちから始めようというわけです。

来年からの12歳以下団体戦がジュニアテニスにとって大きな転換のチャンス
になると信じています。

(写真は2009年の第1回北信越小学生団体戦の様子)
[PR]
Commented by sascindoor at 2013-09-22 04:08
yamagataです
2004年にハンガリーに行った時、知り合いの17歳の男の子の家に1週間ホームステイしました。その子のクラブチームがハンガリー国内のクラブ対抗戦真っ只中。彼のチームは18歳以下で構成されていて5年前からメンバーは変わっていないということ、12歳の頃からデブレッセンという町から予選をしていたということでした。予選突破して本線は各地域に出向いて1ヶ月かけて試合をするそうです。シングル7本ダブルス4本の勝率で決めるレールだってようだった?。ハンガリーのすごいのが、プロモ参加できるということです。彼は12歳の頃からプロがいるクラブチームと戦っていたと聞きました。日本もジュニアから大人まで含めたチーム対抗戦があったらいいですね。その時の彼のチームは予選突破して地方新聞のスポーツ欄に顔写真入りで出てました。彼のチームの18歳の男の子はハンガリーランキング50位ですが、プロにはならずに公務員を目指すと言ってましたね。
Commented by jumbozaki-625 at 2013-09-22 10:56
yamagataさん

さすが、世界の事情をご覧になってますね。

子どもはやがて大人になっていきます。
それぞれのゴールを目指して。

もと子どもだった大人は(私も)何を目指しているのでしょうか!
と考えてしまいます。

ゴールは?
by jumbozaki-625 | 2013-09-22 01:46 | テニス | Comments(2)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧