観察とプランと実行と振り返り

なじらね~

e0156339_2344852.jpg

やみくもにボールを打つだけ。

自分の打ったボールがどれくらい相手を困らせているか、あるいは困らせ
ていないのかを分かろうともせずに。

相手からポイントを奪うための具体的な工夫はいったい何だろうかと考え
ずに、またそれを実行しないでたまたま相手がミスをしてくれたからポイン
トを得ている。

相手が何かを仕掛けてきてその結果自分がポイントを失っても相手の意
図が理解できずに、何度も同じ目にあう。

これのどこが面白いのだろう。


これではゲームとは言えない、テニスとは言えない。
ただの運動だ。

運動の段階を卒業してゲームをしよう。
というわけで、今日は作戦を立てることと相手の作戦を見破ることの両方の練
習をした。

1)A君とB君はそれぞれ作戦を立てて作戦シートに記入してから試合をする。
2)ベンチのC君はA君(あるいはB君)がどんな作戦で戦おうとしているかを観
察して内容を記録する、見破るために。
3)試合が終わったらA君とB君はそれぞれの作戦がどれくらいできたかを10点
満点で自己評価する。
4)観察者のC君はA君(あるいはB君)の作戦シートを見せてもらい自分の観察
結果と照合し自分の観察力を10点満点で何点か自己評価する。

A君とB君とC君はこれを繰り返すことで作戦を考え実行するだけでなく試合中
に相手の作戦を見破ることもできるようになる。

この方法の最大のメリットは選手がひとのプレーを真剣に見るようになることだ。
その昔、観察する人のことを哲学者と言ったそうだが、観察することによってのみ
人は真実や本質を見抜くことができるのだろうと私も思う。

作戦無くして勝利無し!
観察無くして進歩無し!
[PR]
Commented by けっち。 at 2013-10-01 14:51 x
競技は違いますが同じことを日々の指導で感じています。
どうやって伝えたらいいのかモヤモヤの連続でしたが、この記事で少しすっきり・・・昨日の練習ではいつもよりかは少しだけうまく伝えられたような気がします。
Commented by jumbozaki-625 at 2013-10-01 19:09
けっち。さん

何かのヒントになれば・・・。
伝えることも分かってもらうことも難しいですね。

でも、難しいほどやりがいがある・・・!
by jumbozaki-625 | 2013-09-29 23:45 | テニス | Comments(2)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧