心に刻んでいたいもの

なじらね~

e0156339_13395115.jpg
e0156339_13394737.jpg
DUNLOP CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会が
開催されたTTC(千葉県柏市)はオープンして25年に
なろうとしている。

オーナーの吉田宗弘さんと和子(旧姓:沢松)さんの
温かい人柄と人生哲学は折に触れて強く感じることが
できるが、さりげなく置かれている石碑にもそれが
表れている。

MAMIとYUKAが練習の合間にくつろいでいる藤棚の
脇のこのプレートに記されているのは
石井小一郎氏の言葉。

この中で、テニスクラブのありようとして
故小泉信三氏のいわれたスポーツの与える
三つの宝を紹介している。

第一に練習が不可能を可能にするという体験を持つこと
第二にフェアプレーの精神を体得すること
第三に人生の宝である"友"を得ること

説明はいらないだろう。
私はTTCを訪れるとこの石碑の所に子どもたちを連れて
行き、一緒に読むようにしている。

メモをする子もいる。
そう、心の奥深くにしっかり刻み込み、いつも反芻して
日々実践して欲しい。

日付は1980年5月。
TTCの前身の柏ローンテニスクラブがオープンした時の
ものだろう。
奇しくもジャンボテニスが新潟でオープンしたのが
同じ年の4月。
この年に生まれた子が早や35歳!
ともに時を刻んできたことになる。

これからも
大事な宝を心に刻んで・・・。


(写真は薔薇園の薔薇とプレートを合成しています)





[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-05-20 19:09 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧