やりぬく強さ、心の強さ

なじらね~

e0156339_00135314.jpg

やってみようと思うこと、
やってやろうと心に決めること、
そしてそれを
実際にやること。

この一連の行動パターンを眺めるに、
心に決めるところまでは
誰でもできるような気がします。
ところがそれを実行に移すとなると簡単ではないようです。
自分がどうかを胸に手を当てて考えれば
その困難さが容易に分かりますもんね。


2014RSK新潟県予選(南魚沼市・大原運動公園)、
男子、1回戦なしの2回戦でのできごと。



長い試合、1セットマッチで5-6のビハインド。
やや打点を落として打つ姿に、
斜め前だ、打点を高くしろ!と
胸のうちで応援する。
強化練習でいつも強調していることだ。

何とか6-6にせねば。
でも、簡単にポイントが取れない。

それどころか相手のマッチポイント。

e0156339_00114454.jpg
顔は苦しさにゆがんでいるが
どうにかして攻めようとする気持ちが見てとれる。
打点を高くし、ラケットを振りぬく・・・。


それだ。


デュース、そしてまた相手にマッチポイント。
何度マッチポイントが相手側に行ったか。
しかし攻めの姿勢を崩さない。
小さい体のどこに秘めていたのだろう、
1球1球に魂が乗り移っているかのよう。


ついにゲームを取り6-6。
タイブレークに持ち込んだ。

ところが追いついてホッとしたかミスが続きリードを許す。

ここからが圧巻。
声を振り絞り、走る、打ち込む、ネットに出る、また打ち込む。

カメラのファインダー越しに必死の形相が迫る。

そして2度目のチェンジエンドのあと
2ポイントを連取して
タイブレーク8-6で勝つ。

弱気にならず
攻めの気持ちを持ち続けることができた者の勝利と言える。


彼があることを実行していたことを
試合後にお父さんから伺って、
あの土壇場でやり抜くことのできた強さがわかった。

できそうでできないことを試合でやるには
相当に強い意志を持つしかないと思うが
どうやら彼はそれに成功したようだ。

次の試合で4-6と惜敗しベスト8には入れなかったが
大きなステップに違いない。

KOUDAI。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-06-29 23:59 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧