選択と集中をすることによって

なじらね~
e0156339_23564115.jpg
ATF須玉国際ジュニア(U14)2014で坂詰姫野(ファーストTA)が優勝との
ニュースが飛び込んできた。

ATFのサイト はこちらから。

予選を2つ勝って本戦に進み、本戦ではもちろんノーシードなのだが
勝ち進んでいき、決勝では第6シードの選手にストレートで勝っての優勝。
Himeno SakatsumeJapan
-
JapanYuki Ando [6]
6-1 7-6(2)
    ↑
(全試合の結果が見られます)

おめでとう、姫野!

このステージに立った者がこれから求められるのは「選択と集中」だろう。
県大会があり地域大会があり全国大会がありそして世界につながる大会がある。
どの大会を選択するかはゴールをどこに設定しているかによって
左右されるのだと思う。
あれもこれもすべてを同時に手に入れることは不可能なのだから
どれかを選ぶことを強いられる。
決断の参考になる資料を揃え、家族やコーチの意見を参考にしながら、
そこに自分の願望や夢を重ねて熟慮したうえで・・・良い選択をする。
それは決して人任せにはできないことだと思う。

試合中にストレートに打つかショートクロスに打つかの決断をするのに
よく似ていると言えば分りやすいか。
コートサイドの誰も選手に指示をすることはできないし、
選手は誰の指示を求めることもできないのがテニス。

自分が主体性をもって瞬時に決断するのがテニスというスポーツの持つ
良さだろう。

良い選択とエネルギーの集中によって夢にまた一歩近づくのだと思う。

これからだ。

(写真は5月の全国選抜Jr大会でのもの)





[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-07-29 23:57 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧