生き抜く術を学べます

なじらね~
e0156339_22254169.jpg
自己主張がしっかりできなければ勝つ試合を負けることになる。
そのことを分かるためにはそのような体験をするしかない。

南魚沼市で開催中の新潟県高校テニスフェスティバルに
初めて参戦しているNANAMIを初めとした女子ジュニアチーム、
早速、高校生のお姉さんたちの様々な洗礼を受けたようだ。

タイブレーク、75で勝ったと思ったら相手がスコアが違うと言ってきて
双方が覚えている44から再スタートとなり、結局その試合を落として
しまったという。
相手がいい悪いという問題ではなくスコアを常に相手と確認した上で
プレーしない自分の未熟さが招いた結果であることに変わりはない。
セルフジャッジの本質の一面を思い知ることができて良かったと思うことだ。

国内の試合はまだいい方だ。
外国では人間不信になってしまうようなことはざらにある。
解決するには常に確認と自己主張をすること。
これしかない。
どちらもコミュニケーションの基本であって人生を生き抜くには欠かせないツール。

泣くがいい。
自分の未熟さを思い知って悔しがるがいい。
そして確認と自己主張の両方を体得すればいい。
テニスはボールを打つことだけで勝敗が決まるわけではないことを知って
もっと成長することだ。
相手を恨むなかれ。
むしろ感謝することだ。
そして自分を磨けばいい。

初日の洗礼が効いたか、二日目は逞しくなってきたとの報告あり。
よしよし。
この笑顔なら大丈夫。
さあ、もう一日!
e0156339_22255172.jpg
           写真は女子監督の内山和子コーチ提供。


全日本ジュニア開催中の大阪からは勝見コーチから結果と写真が届いた。
e0156339_22392119.jpg
e0156339_22392889.jpg

e0156339_22393197.jpg

e0156339_22392534.jpg
■12歳以下男子シングルス
植木海音 06、57大島望(四国)
原風斗16、06末岡大和(関西)

■14歳以下女子シングルス
坂詰姫野61、36、61細木咲良(中国)
内藤祐希62、61酒井凜(中国)
早川美友36、76(7)、46坂口美佑( 関東)

■14歳以下男子シングルス
田中瑛士63、64保坂駿太( 関東)

■16歳以下男子シングルス
中村公宣63、36、63岡垣光祐(中国)

■18歳以下男子シングルス
高橋颯36、26山佐輝(東海)

台風のなか、調整も難しかったでしょう。
それも良い経験です。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-11 22:36 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧