全日本ジュニア2014終盤

なじらね~
e0156339_10464105.jpg
全日本ジュニア2014、新潟県勢の8/14までの結果をまとめてみると・・・

■12歳以下男子シングルス
1R
植木海音 06、57 大島望(四国)
原風斗 16、06 末岡大和(関西)

■14歳以下男子シングルス
1R
田中瑛士 63、64 保坂駿太( 関東)
2R
田中瑛士 36、57 清水一輝(関東)⑤

■16歳以下男子シングルス
1R
中村公宣 63、36、63 岡垣光祐(中国)
2R
中村公宣 57、16 田中優之介(関東)⑦

■18歳以下男子シングルス
1R
高橋颯 36、26 山佐輝(東海)

■14歳以下女子シングルス
1R
②坂詰姫野 61、36、61 細木咲良(中国)
内藤祐希 62、61 酒井凜(中国)
早川美友 36、76(7)、46 坂口美佑( 関東)
2R
内藤祐希 62、64 櫻井雪乃(関東)⑧
②坂詰姫野 36、46 輿石亜佑美( 関東)
3R
内藤祐希 63、76(4) 坂口美佑(関東)
QF
内藤祐希 26、57 佐藤南帆(関西)③

■16歳以下男子ダブルス
1R
石倉孝浩・中村唯人 26、06 清水悠太・清水奎吾(関西)③
阿部竜仁・中村公宣 46、64、63 津田厚・島本健生(東海)
2R
阿部竜仁・中村公宣 57、75、26 川橋勇太・福島 晴(関東)⑥

■12歳以下女子ダブルス
1R
齋藤瑠奈・渡部結衣 61、61 神内彩衣・濱あゆみ(関西)
2R
齋藤瑠奈・渡部結衣 62、64 前田明音・松本祐華(関西)⑥
QF
齋藤瑠奈・渡部結衣 06、16 カジュールオヴィ・井實彩乃(東海)⑤

■14歳以下女子ダブルス
1R
内藤祐希・坂詰姫野 61、61 伊藤七海・松島采香(東北)
2R
内藤祐希・坂詰姫野 64、57、64 小林ほの香・染谷優衣(関東)④
QF
内藤祐希・坂詰姫野 57、26 佃紫帆・肥田唯花(関西)⑤

ベスト4に入った選手(組)はありません。

視察の勝見コーチによると、
全国どの地域の選手も技術レベルは平均して高くなっている、
全日本ジュニアはハードコートという日頃はプレーする機会の少ない
コートでの戦いなので、普段から種類の違うコートで練習をして
適応力を高めることが求められる、
とのことです。

今年はインハイ、全本ジュニアと
ハードコートでの大会が続く珍しい年。
インハイ勝ち残り選手はサーフェスに慣れているという利点は
確かにあるのではと思われます。
疲れも同時にあるとは思いますが。

サーブの得意な選手、弾むボールや回転の多様さを持つ選手も
有利でしょう。
何れにしても、普段からやってなければ
試合でできることではありません。

第2シードで2回戦敗退の坂詰姫野、
単複ともにあと1歩でベスト4まで迫った内藤祐希、
ダブルスでベスト4に手をかけた
齋藤瑠奈・渡部結衣ペア。

それぞれの勝ちと負けの喜びと悔しさは
きっとこれからの行動を変えるきっかけになると思います。
早いラウンドで敗退した選手も同じです。
そして、
インハイや全日本のコートをいまだ踏んでない選手も
新しい闘志を燃やせばいいだけです。

勝ってよし、負けてよし!

この夏、その気になった者にはチャンスがある!







[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-15 10:48 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧