福田雅之助の言葉に学ぶ

なじらね~

e0156339_5521266.jpg

テニスがうまくなる唯一の方法は何だろうね?
と、よく子どもたちに問う。
すると、そのつどいろいろな答えが返ってくる・・・。

一生懸命に練習するとか足を動かすとか・・・。
たいていは、どれもが正解。


私は、相手のコートにボールを入れることだ、と思っている。

自分の打ったボールが相手コートに入れば
そのボールが打ち返されて自分のコートに返ってくる可能性が高いので
そのボールをまた打つことができる。
それをまた相手に打ち返し、返ってきたボールをまた打ち返す。
この繰り返しによってのみうまくなることが可能だと追っている。

ところが自分のボールが入らなければ当然相手コートからはボールが飛んで
来ないのでボールを打つことができない。
ボールを打つことができなければ打つという経験をすることができず、
経験を重ねられなければ打つという技術が上達するはずがない。

つまり、ネットにかけたりバックアウトやサイドアウトをするたびに
うまくなるチャンスを自分から失っていることになる。

ミスを重ねるプレーヤーがどんなに一生懸命に練習しても足を動かしても
ボールを相手コートに入れなければうまくなる日は永遠に来ない。

「ボールを相手コートに入れない」=「うまくなりたくないと願っている」
さあ、この式に自分を当てはめていいのだろうか?
ボールを相手コートに入れないのはうまくなりたくないと願っているせい?

2014全日本テニス選手権大会男子シングルス決勝で
江原泰弘のプレーを見ていて本当にそう思った。

錦織のような華麗なショットは見当たらないが、
本当によく走り本当によく打ち返す。
テニスの原点を見る思いがした。

どうぞ私のこのボールを受けてください、と言っているような。

冒頭の手書きの書は第1回全日本庭球選手権大会の男子シングルス優勝者
である福田雅之助さんのもの。

庭球する心ってなに?
と、あらためて考えてみたいもの。

ジュニアをお持ちのお父さん、お母さん、
我が子と一緒に話し合ってみませんか。


e0156339_161526.jpg

この一球は絶対無二の一球なり


されば身心を挙げて一打すべし

この一球一打に技を磨き体力を鍛へ

精神力を養ふべきなり

この一打に今の自己を発揮すべし

これを庭球する心といふ





[PR]
Commented by Kaori at 2014-11-10 23:58 x
こんばんは。ご無沙汰しております。
これ、知ってます!
テニス少女だった頃、読んでいた「エースをねらえ!」によくでてました。
もう30年も前のこと、忘れてませんでした〜上の娘があの頃の私と同じ年だなんて・・・
Commented by jumbozaki-625 at 2014-11-12 00:39
Kaoriさん

さすが、ご存知!
不変のメッセージですよね。
もう一度、
子どもたちと一緒に噛みしめようと思ってます。
先日送っていただいた家族写真、大事にしてま~す。
by jumbozaki-625 | 2014-11-10 16:03 | テニス | Comments(2)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧