いろいろな姿に生きる

なじらね~
e0156339_12145541.jpg
2014年11月14日の新聞紙面。

その1-------
フィギュアスケート女子の今井遥選手は
新潟市を練習拠点にして世界での活躍を目指しているのだが、
新潟市文化・スポーツコミッション親善大使として
市から委嘱されたそうだ。

新潟アサヒアレックスアイスアリーナで行なわれた委嘱式で
今井遥選手は、
「(前略)練習によって、できなかったことが
できるようになる喜びが大きい(後略)」と
あいさつしたそうだ。

まさにそのとおり。
「練習とはできなかったことをできるようにするもの」
であり、そこから得られる「喜び」が
「人を新たなチャレンジへと向かわせる」のだと思う。

その2--------
全国レディーステニス決勝大会が東京の昭和の森テニスセンターで
開催中で、新潟県勢が青森県代表に2-1で勝って
3回戦に進出したという。
代表の一人である笹川澄枝選手は元ジャンボのコーチで
サウスポーからの巧みなテクニックを繰り出す巧者だ。
素晴らしいのは、いつもニコニコしていること。
テニスをする喜びが表情に豊かに表れている。
聞けば、大ピンチにも慌てず逆転勝ちをしたという。
きっとあの笑顔で掴んだ勝利にちがいない。
3回戦は昨年優勝の東京だ。
笑顔でプレー!

テレビで--------
錦織圭がATPワールドツアー・ファイナルの一次リーグで
ダビド・フェレールに逆転勝ちし、準決勝へと進んだ。
眠い目をこすりながら見ていたが真剣な錦織の表情に
練習を積んだ人間の真摯な姿勢を感じることができた。

試合を見ながら思い出していた。
あんたはねえ小さかったころ
僕は大人になったら大工さんになるんだと言っていたんだよと
先ごろ亡くなった母がよく言っていたのを。
自分ではそんなことを言った記憶はないのだが
大工さんの仕事ぶりを飽きもせず眺めていたことは
覚えているから不思議だ。
特に、鉋(かんな)を巧みに操って木の表面を削る作業に
見とれていたものだ。
コンコンと木槌で鉋のお尻を叩いたかと思うと、
シュルシュルと木を削る。
すると、透けるほど薄い紙のような鉋屑がくるくると出てくるのだ。
幼い私には魔法のように見えたのだろう。
(もちろん魔法なんて言葉すら知らないくらいに小さかった頃だが。)
そして私はそんな不思議なことをする大工さんの手元だけでなく
表情にも見とれていた。
今思えば、真剣な、それでいて木材や鉋などを
慈しむような表情・・・
だったような気がする。
特に、そう、削った木の表面を手の平や指で撫でて
よしよしと満足そうな顔をするときなど、見ているこちらまでが
嬉しくなったような・・・。
まるで自分が上手に木を削ったかのような気持に
なっていたのかも知れない。


プレー中の錦織の表情にも、
練習を積んだ人間の真摯な姿勢、
ラケットやボールやコートや観客やなにやらすべてのもの、
自分が置かれているこの環境までも、全てを慈しむような
何か昇華したものを感じることができた。

練習とは不可能を可能にするもの、と毎日のように
ジャンボの子ども達に言い続けているのだが、
錦織がそれを証明する良い手本になってくれている。

皆がみんな錦織にはなれなくても、
一人一人が自分の不可能を可能にしようとすればいい。

練習!




[PR]
Commented by 夏っ子 at 2014-11-15 10:57 x
お久しぶりです、夏っ子です。昨日見たテレビで、人生の中での一番の楽しみは成長することだという話をしてました。それはテニスでも勉強でも職場でも言えることなのでしょうね。最近意欲がわかない私にとっては考えさせられました。それにしても錦織くんは凄すぎます(^O^)/
Commented by jumbozaki-625 at 2014-11-15 21:54
夏っ子さん

人生山あり谷ありですもんね。
たまにはパーッといきますか!


by jumbozaki-625 | 2014-11-14 12:15 | テニス | Comments(2)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧