初めての荒川テニスコートで

なじらね〜

e0156339_2238436.jpg

初めて来ました、荒川テニスコート。
JR羽越線、坂町駅からタクシーで20分ほど山の方に行くと
立派な総合運動公園があり、
その一画に8面の砂入り人工芝コートがあるのです。

ところが・・・雨!
そして・・・寒い!
だし風と言って、東からの季節風が名物のようです。
だしというのは東という意味だと地元の方が教えてくださいました。

温かいモノをと思って自販機を探すと・・・冷たいモノばかり・・・。
あったかいココアが飲みたい〜!

降ったり止んだりの雨と絶えず吹いている風で
体が冷え切ってしまいました。
まあ、この時季ですから新潟ならどこでも同じですが。

さて16人しか出場できないMUFG新潟県予選。
例によってドローは抽選。
誰と当たるか?
いつもながらの悲喜こもごもの抽選風景です。

一生は狙い通りの15番を引き、第ニシードとの対戦。
勝つチャンスは十分あります。
第一セット、うまさとパワーを活かして前半リード。
ところが中盤ミスが増え始めて逆転され、このセットを
落としてしまいます。

続く第ニセット、再び前半リードするのですが
中盤になると・・・。
第一セットと同じ展開になるかと思いきや、
ここが一生の一生たるところ、
ネットプレーやドロップショット、アンダーサーブなど
やりたいことを全てやる、
いつもの一生らしさが復活し、攻めと守りのバランスも
見事に取れるようになってきました。
タイブレークを7-3で取ってセットカウント1-1。
このセットを見る限りでは一生の復活は明らか。

さすがにファイナルセットは力尽きたか06、一回戦敗退となりましたが、
ケガや風邪で大して練習できない日々が続いていたことを考えると
上出来です。
VS渡辺太一 46、76(3) 06。
負けても晴れ晴れした顔で引き上げてきましたね。
それでいいと思います。

勝ってよし、負けてよし。

瑠奈が見事に引いたのも第一シードの下、2番。
これは手強い相手です。
でも小6の瑠奈にとってはこの対戦の記憶は
今後に向かっての何よりな経験。
vs内藤祐希 06、26。
特に第ニセットは無駄な力みが取れて伸びのあるショットを
打っていました。

七海はここのところよく当たる柳澤有紀との対戦。
結果だけ見れば36、36ですが大健闘です。
自分の心と相手と、両方と戦っているのがよくわかりました。
何とかしようとする姿勢は素晴らしいものがあります。
ボールを相手コートに入れる力の差で勝敗が決まるというテニスの
真理に気付くきっかけになると思います。

茉美の相手は第三シード。
接戦で、第一セットは41リードで降雨中断、そこから5ゲーム連取されて
46ダウン。
ここで気落ちしないのが茉美のいいところ。
小さな体をフルに使ってお姉さん選手に立ち向かいます。
サーブも随分レベルアップ。
再び接戦となりチャンスはありましたが
残念ながら57で落とし、
vs早川美友 46、57。

勝ってよし、負けてよし。
順位決定戦で自分の力を磨きましょう。

日曜日は
きっと
晴れ!

e0156339_5542393.jpg
JR羽越線中条駅前の村上屋旅館にて。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-11-16 05:54 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧