いざ小松ドームへ

なじらね〜

e0156339_13275510.jpg


e0156339_1445743.jpg


e0156339_14182515.jpg


e0156339_14191688.jpg


e0156339_154083.jpg

2015ヨネックスカップ北信越オープンジュニアテニス大会に向けて電車で出発!
集合はいつものように新潟駅のタマ公前。

切符は自分で買えたかな?
二泊三日の遠征に必要なモノは自分でバッグに入れてきたかな?
大会での目標は自分で作ってきたかな?
何でも自分でやれるようになろう。
他県への遠征はそんなあれこれ、これまでできなかったことをやれるようにする
絶好のチャンスだ。

新潟駅午後1時2分発の特急北越に乗車。
天気予報では暴風雪とのことで午前中は電車の運休がアナウンスされ
出発が危ぶまれたが、昼には風こそややあるものの天気は持ち直してきて、
車窓からはところどころ青空が覗いている。
金沢地方の明日は晴れマークに変わった。
ホッとする。
大会に出るだけでなく外のコートを利用しての練習マッチを予定しているので
雨や雪は困ります。

三条からSYOUEIが乗り込んできて全員勢揃いだ。

いつものことだが、タマ公前に集合して全員でいざ改札口へ、という時に
私は最後尾にいることにしている。
コーチの後をついて来い!ではなくコーチの前を歩いてください、と。
今回も先頭は新幹線の改札口の方に向かっていった。
後ろでしばらく様子を見ていると、よしよし気付きましたね、
もどってきて在来線の改札口へ。

転ばぬ先の杖を周りの誰かがいつも突いていると
自分で考えて行動することができないひ弱な人間になりやすい。
こういう小さなヘマを実体験しながら状況判断力や適応力を身につけていくことだ。

旅は子どもを大人へと近づけていく。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-02-27 13:30 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧