真っ直ぐであること

なじらね~
e0156339_09181403.jpg
デ杯、対カナダ戦。
1勝2敗を受けての錦織、あのラオニッチにファイナルセット64で勝ちきる。

錦織から見た勝因、ラオニッチから見た敗因、いろいろあるだろうが
錦織は身体の軸が真っ直ぐ、そして気持ちの軸も折れずに
真っ直ぐだったと思う。

両方とも並大抵の努力では得られないものだと思うが
それを越えた努力で手にしているのだ。

ジュニアにとっての良いお手本。
関係者にとっても良いお手本。

2勝2敗で添田豪。
ファイト!








[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-03-09 09:27 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧