命のうごめき

なじらね~

e0156339_08042739.jpg

蝉の鳴き声がこころなしか弱くなってきたような8月15日。
終戦記念日。

1949年生まれの私はいわゆる戦後生まれだが、
なぜか戦争の記憶が多く刻まれている。

ものごころついた頃から
戦争を忌み嫌う大人たちの会話が
周りに溢れていたからだろう。
戦争とはいかに恐ろしいものか。

あまりにも日常的に戦争にまつわる体験談を聞いているうちに
まるで自分自身がそれらのことを実際に体験したと思い込んでしまったにちがいない。

「ここで大勢死んだんだよ」、
小さかった頃、近くにある防空壕あとの前を通るたび、
母が繰り返す言葉が耳に焼付き、
その都度私は思わず後ずさりをするのだった。

母は昨年97歳で天寿を全うしたが
その防空壕は戦後70年たった今も
・・・残っている。


自分が戦争の真っただ中にいる夢を20歳代まで見ていた。


戦争を体験していない宰相とその取り巻きが、
今、
世界に対するまるで想像力の欠如した自分の信念にとりつかれ
かつて歩んだ道に我々を引き戻そうとしているような気がしてならない。



e0156339_08035955.jpg


e0156339_08062054.jpg


e0156339_08040749.jpg


e0156339_08041742.jpg


世界中の人が、
手にしている武器をテニスラケットに持ち替えて
互いの技術と体力と精神力を競い合い
互いを讃えあう
そんな時代を作っていきたいと願う、
2015年8月15日の朝。







[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-08-15 09:00 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧