決勝の行方

なじらね〜

e0156339_15271864.jpeg

シングルス優勝はスタン・ワウリンカがストレートでの勝利。
スタン・バブリンカ(スイス) 6-2,6-4 ブノワ・ペール(フランス)

足首を捻挫しているペールは最初から歩き方がおかしい。
できれば試合をしたくなかったのかも知れない。
ミスが多く、これで本当に錦織に勝ったの?と思わせるようなプレー。
しかし、時折見せるサービスエースと強烈なバックハンドはさすがと思わせるものがある。
当たればすごい!という選手か。

ワウリンカは終始落ち着いてる。
優勝する理由がわかる。
勝つための要素が多いのだ。
それは・・・。


ダブルス決勝
レイベン・クラッセン(南アフリカ)/マルセロ・メロ(ブラジル)
 7-6(5),3-6,[10-7]
フアンセバスティアン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)

e0156339_15230890.jpeg

チェンジエンドの合間に体を動かそうと通路に出たところで尾崎コーチ!と
声をかけられた。
あれ?と思って声の主を見ると・・・杉山愛ちゃん!
ではなくて・・・聖月!

いやあ久しぶりに会いました、聖月。
あのピョンピョン飛び跳ねてテニスをしていた聖月。

聞けば大学4年生ですでに現役引退だそうな。
就職も決まっているとのこと。
残念ながら新潟には戻って来ないという。

しばらくしてまた声をかけられた。
聖月よりももっともっと久しぶりの人だった。
与那覇梨恵ちゃん(名前、間違ってないかなあ)。
勝見コーチ世代の沖縄のテニスプレーヤーだ。
なんと懐かしい!

有明に来るとこんな楽しみがあるのが嬉しい。
かつては全日本ジュニア大会を有明でやっていたのだから。
長野県のトップジュニアの半沢隼君家族にも会えたし。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-10-11 19:54 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧