世界中で開かれるテニス大会

なじらね~

大原運動公園(南魚沼市)では春の選抜高校大会の北信越予選が行われる。
この大会でおおよその高校生は大きな大会がほぼ終わるが、
一部の選手はJOCカップ北信越予選が松本市で23日から始まるし、
11月になれば中牟田杯も福岡で始まり、中旬にはMUFG県予選、
12月にはJOCカップ本戦が大阪で開かれる。
大会は続くのだ。

内藤祐希が大阪市長杯ワールドスーパージュニアでベスト4に入ったこの機会に
世界のジュニア大会を見渡してみる。
同大会はITFが主催なのだがITFとはIntenational Tennis Federationの略で
国際テニス連盟のこと。
テニスの世界総本部と言えばいいか。

ITFのホームページを開いてJUNIORSタブを開く.
左上のCalendarを開いてみると主催のジュニア大会がずらっと出てくるので
2015 OCTを開くと大会名と開催国と日程とグレードが一覧表になっている。
その数ざっと60ほど。
世界中で10月だけで60もの大会が開かれているのだ。

大会名の横には国旗があるので日の丸のついている日本での開催は大阪市長杯と
10/20から名古屋・東山公園で始まる
Dunlop Srixon Japan Open Junior Tennis Championships 2015(Grade 2)の二つだ。

Osaka Mayor's Cup - World Super Junior Tennis Championships を開くと
詳しい情報を見ることができる。
日程、グレード、会場、サーフェスなどの情報があり、
その下には選手リスト、ドロー、オーダーオブプレー、結果、ニュース、写真などの
タブがある。
ニュースでは 「China's Gao Xinyu surprises top seed Katie Swan 」
というタイトルで中国のランク340位のGao Xinyu 
がランク6位のKatie Swan
に勝って準決勝に進出したと書かれている。

内藤祐希が今日勝てば、おそらくこの欄に取り上げられることになるに違いない。

ここでニュースが飛び込んで来た。
内藤祐希6-4 6-4の勝ち!

関西TAのツイッターによると・・・
「明日は日本人対決ですが、自分の力を出し切って、観客の皆さんが楽しめるような試合をしたいです!!」 (内藤祐希選手)






[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-10-17 15:21 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧