ミスの積み重ねから



なじらね~

e0156339_11474929.jpg

良いと分かっていることでも成果が出ないとめげてしまうことは
ままあるもの。


たとえばシングルスで、
相手を外へ追い出した。
さあ、前に出てボレーをしよう!

ところが、
そのボレーをミスしてしまった・・・、
一度ならず二度続けて。

すると・・・、
次に同じように外に追い出しても
前に出るのをためらったりする。

そうするとどうなるか。
元のラリー状態に戻ってしまい、
せっかく握った主導権を手放すことに
なってしまう。

相手の心理を考えてみるとこれがどんな意味を持つかが分かるだろう。
そのためには相手と自分の立場を入れ替えて
コート上の状況を想像してみるとよい。

相手のボールによって自分がコートの外に追い出されたとしよう。
もし、自分の返球を相手がボレーでオープンコートにコントロールして
もっと追い込まれたり又はウイナーを打たれてポイントを失ったら・・・。
どうだろう。
その時の気持ちは?
そして、次にまた同じような状況になったら・・・。

あるいは自分が外に追い出されて相手が前に出て来るかも知れない!と思っている時に
相手が後方に位置していたら・・・ホッとして、ヨシ!と思わないだろうか。

自分の立場と相手の立場の両方をイメージする作業をしたあとで、
再び、前に出て行った自分に戻ると、
二つの局面に「分けて考える」ことが必要だと気付くはずだ。

第一の局面は、
相手をコート外に追い出すことに成功し前に出るまで。
第二の局面は、
その状況からどうやってポイントを取るか。

第二の局面でミスをしてしまったからと言って、
第一の局面での自分までをも否定してしまっていないだろうか。

この混同をしてしまうと
せっかくのアグレッシブな一連の行動すべてをダメなものとして、
やっぱ使えない!と思ってしまうことになりかねない。

あげくには、相手を外に追い出した瞬間に
前に出た際の自分のミスを想像(頭の中で再現)することになり、
そのイメージが次のショット選択とポジション選択を誤らせてしまうことにもなりかねない。
その結果、プレーは委縮して無難なショットを打つだけとなる。

これが実は怖い。
必要な新しいスキル(戦術)の習得はできなくなってしまう。

その行き着く先は、
相手のミスを待つテニス、
相手がミスをしない限りは勝てないテニス選手となってしまう。

チャレンジのできる選手は、
よし、外に追い出して前に出るところまではオッケーなんだ、
次はそこから先をもっと良くしよう、
と考えるだろう。
そしてまた相手を外に追い出して前に出ようとするチャレンジを続ける。

たとえミスをしてもチャレンジし続けるところに進化がある。
今ミスをするということはこれからうまくなるということを意味しているのだから。
ミスを恐れるところに成長無し!


チャレンジしたミスの先にこそ栄光がある!




[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-11-23 12:06 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧