深い恩を心に刻み



なじらね~

一大決心をして新潟大学の学部生として学びの毎日を始めたのが2005年、
55歳の時。

3年時に「体力診断論」という講座の担当をしてくださったのが橋本修教授だ。
ラグビー部の監督でもあった。

あるとき、私を研究室に呼び込み、よお、ジャンボ尾崎や、テニスをするか、と
切り出したのだった。
はい?テニスは毎日やってますが・・・と問いかけの意味をはかりかねて答えると、
にんまりと笑って、
ちがうんだよ、大学で小さい子らを集めてテニスをしたいんだよなあ、
あんた、やってくれんか、と続けた。

それが「なんスポちびっ子テニスの集い」の始まりだった。
なんスポとはなんでもスポーツの略で、いろんなスポーツを楽しもう!という
新大独自の健康プロジェクトだ。
テニス以外にも卓球、ソフトボール、水泳、野外活動などなど10種類以上の
種目を地域の皆さんと学生とが一緒に楽しみましょうという仕掛けなのだ。

以来、毎年秋になると低年齢の子どもと親とでテニスを楽しむことになった。
会場は新大の体育館だ。
テニスは人気種目で毎年大勢の親子が集まった。
相手をするのはテニス部の部員。
彼らにとっても私にとっても良い体験になった。


その橋本先生の訃報が届いた。
定年で退職されたあとも非常勤講師として大学で講義をされていた。
春にガンが見つかり手術を受け、回復に向かっていた矢先だったと言う。


私が大学院を修了した時点で「なんスポちびっ子テニスの集い」は終わったが
橋本先生の呼びかけに応えたあの日のことを思い出す。
先生のおかげでたくさんの親子がテニスの楽しさに触れることができた。



合掌・・・。

e0156339_20135526.jpg
前列左端の白いウエアが橋本先生。

e0156339_20135545.jpg
橋本先生の挨拶でスタート


e0156339_20135485.jpg
目を細めて子どもたちを眺める橋本先生







[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-12-08 23:55 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧