変化の功罪と姿勢の良さ



なじらね~

e0156339_05485026.jpg

e0156339_05485099.jpg


e0156339_05484254.jpg


パソコンのOSをウインドウズ7から10にしたのだが、
なんと、DVDが再生できない!

だけでなくほかの操作感も7とたいして変わらず、
なんじゃらほい!
アップグレードした意味が少なくとも私にはない。
10にしなければよかった・・・と後悔することしきり。

でも、1ヶ月以内なら元にもどせるという情報を
ネットで得て元の7に戻す。

快適である!


大学生の里佳奈が練習に来てくれた日のこと、
激励のあいさつのあとに全員と握手をしてもらったのだが、
私はその時のジュニア達の姿勢を観察していた。

かかとをつけて、
背筋を伸ばし、
胸を張って、
ラケットを左わきに抱えて、
相手の目を見てお礼を言ってから
お辞儀をする。

何人かのジュニアは・・・それができていた。
が、ほとんどのジュニアは残念ながら・・・という結果。
指導の不徹底を大いに反省させられた。

テニスの練習をしてうまくなっていくのと同じように、
よき人になるには
絶え間ない練習が必要だ。

打球時の姿勢を良くすることができるなら
挨拶や握手の仕方も練習によってできるはず。

どちらも
その理由をよく理解しながら。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-01-07 06:21 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧