扉を開けよう、自分の手で


なじらね~
e0156339_12585322.jpg

e0156339_12585314.jpg


e0156339_12585326.jpg

ITFの国際ジュニア大会に出るにはどうすればいいの?
ITFのジュニア大会に出るのは特別な人なんじゃないの?

そもそもITFの国際ジュニア大会って何なの?


さて、ITF Saitama Junior Tournament 2016が
昨日(1/17)終わった。
坂詰姫野(925位)は1回戦で第6シードの
FUKUTOKU, Risa(685位)に 6-1 6-3で勝ち、
2回戦でHOSOGI, Sakura(834位)に5-7 5-7で敗退。
ストレートで負けてはいるが接戦だったのだろう。
貴重なチャレンジだと思う。
何と言ってもこれでITFポイントを10ポイントゲットしたのだから。
グレード4の大会なので優勝しても40ポイントなのだ。
1回戦勝っての10ポイントがどれほどの重みを持つか!

Himeno SAKATSUME
(名前をクリックするとITFプロフィールサイトが表示され
最新の情報が見られます)

この大会には日本のジュニア達のために
いくつかの仕掛けが用意されている。

まず、予選WC大会だ。
ITF 大会にはある程度のITF ポイントがないと出られない。
そのITF ポイントはどうやったら獲得できるのかと言えば、
ITF 大会に出て勝てば取れる。
ええ~!!??
どういうこと???

というわけで、まだITF ポイントを持ってないジュニアでも
出場できるようにしようという仕掛けがWC大会だ。

WCとはワイルドカードの略で(トイレの略ではない!)
主催者が持つ推薦枠のこと。
これがあればポイントがなくてもあるいは足りなくても
出ることができる。

ITF Saitama Junior Tournament には2段階のWCが用意されていて
予選WC大会(1回)と本戦WC大会(2回)がある。
本来WCは主催者が勝手に決めてもいいのだが、
より多くのジュニアにチャンスを与えたいということで
そのための予選をして勝者に与えようという配慮なのだ。

まず、本戦WC大会(2回)は本戦の約1ヶ月前。
男子64ドロー、女子32ドローで行われる。
1回目が12/14~16、
2回目が12/16~18。
2回とも優勝者には本戦へのWCが、
準優勝者には予選へのWCが与えられる。

本戦WC大会はドローサイズが決まっているので
選考された者だけが出場のチャンスを得るのだが、
それに出られない人は?

そのために用意されているのが予選WC大会(1/9,10)だ。
優勝者のみに予選WCが与えられる。
新潟からのチャレンジャーは
女子で布川七海、齋藤瑠奈 、松山明日葉、
男子で中村公宣の名前が。
結果は・・・七海が2回戦で、瑠奈と明日葉が1回戦で敗退するも、
公宣が決勝で隼弥にタイブレークで勝って予選WCをゲット!

接戦に勝って予選へのWCを手にした公宣、
予選は32ドローなので4人が本戦入りだ。
3つ勝てば本戦に出場できることになる。
結果は・・・1回戦6-4 6-3で勝つも
2回戦で6-4 6-7(2) 0-6で惜しくも敗退。
公宣に勝った相手は本戦(1/11~17)入りを果たした。
ちなみに、その選手は
本戦1回戦で同じく予選から上がってきた選手に4-6 4-6敗退。
グレード4の大会だがITFの大会でポイントを得るのが
いかに難しいかがわかると思う。

それを考えると坂詰姫野の本戦1回戦突破の重さと意味がよく分かる。
丁度1年前に内藤祐希が予予選から本戦に上がり1回戦を勝って
10ポイントをゲットし
そこから秋の大阪スーパージュニア準優勝にまで
こぎつけたことを思い出す。
(現在、113位、282.5ポイント)

チャレンジしなければ何も掴むことはできない。
姫野も1年前の同大会にチャレンジし
本戦に入ったが1回戦で負けて
ポイントを得ることができなかった。
そして・・・今年のチャレンジでついに!
(これまでのポイントと合わせて現在48.75ポイント)


扉は自分の手で開けるしかない。
開けたい扉があるなら、
そしてその扉を開けたければ、
まず、その扉がどこにあるのかを知り、
次にその扉の前まで歩いていくことだ。
自分の足で。


写真は予予選にチャレンジする七海と瑠奈 。
提供は瑠奈ママ。





[PR]
Commented by ひまわり at 2016-01-19 07:48 x
強い選手ばかりでした。またチャレンジして行きます!
この天気が嘘のような雪ですね??(笑)
Commented by jumbozaki-625 at 2016-01-20 10:58
ひまわりさん

新潟は真っ白!
おまけに雷も。

週末の大会、元気いっぱいに臨みましょう。
by jumbozaki-625 | 2016-01-18 13:01 | テニス | Comments(2)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧