さまざまに 雪踏む音や 年明くる


なじらね~
e0156339_09401833.jpg
(雪に負けない!)

e0156339_08585142.jpg
(いい笑顔!)

e0156339_08590636.jpg
(打点を高く!)

e0156339_08591119.jpg
(打点を高く!)

e0156339_08591838.jpg
(どこの筋肉?)

e0156339_08593096.jpg
(自分一人でやれるように!)



年末に、
1年を振り返ってみようなどと思っていたら
いつの間にか年が明け、
そうこうするうちにあっと言う間に
1月ももう25日。

日本列島雪まみれとなり
何と沖縄でも雪が降ったというではないか。
石垣島では海水温が下がり
魚が仮死状態となって浜に打ち上げられ
それを近くの人たちがポイポイと拾っていく光景が!

雪国新潟では
トレセン練習会第5回目をジャンボで実施。
電車は止まるは高速道路は大渋滞、
新潟市内も積雪30センチ以上かというなか、
さすがに今日は誰も来れないかと思いきや、
・・・14人が参加。
上越の小磯コーチは
雪道を何と4時間以上かけて指導に来てくれた!

こういう時はかえって気合が入るもので、
最初から最後まで
全員熱のこもったプレーを見せてくれた。
悪い環境はいい環境!
指導に当たってくれた勝見コーチ、
小磯コーチ、吹上コーチ、二宮コーチ、
ありがとうございました。

先週末、TTCでの大会にチャレンジした菜海は
予選1回戦で敗退。
負けても何かを掴んでくるのが
菜海のいいところ。
こういう経験を多く積んで欲しい。
一緒に行った康大の予選は雨で翌週に順延。
出直しだ。

一方、
凍える日本列島とは対照的に
今が盛夏の南半球では
全豪オープンで錦織が強敵ツォンガを破って
ベスト8進出!
嬉しいニュースだ。
錦織のとても集中度の高いプレー振りは
ジュニア達の良いお手本だ。
大坂なおみはアザレンカに負けたが、
はにかむような笑顔とともに大きなプレーで
魅力を発揮。


同じ南半球、
南米大陸コロンビアでのITFジュニア大会
Copa Barranquilla では内藤祐希がベスト4進出。
Yuki NAITO  3-6 6-1 6-1 Malene HELGO

準決勝の相手はイタリアの選手で
予選勝ち上がりのMaria Vittoria VIVIANI だったが
4-6 1-6で敗退、

残念ながら決勝進出ならず。

だが、この大会はグレード1なので
ここで得た80ポイントはでかい!
全仏オープンにまた一歩近づいたと言えるだろう。

次のエントリーはエクアドルでの
Mundial Juvenil de Tenis。
コロンビア大会と同じグレード1。
リストを見ると祐希は上から10番目。
ベスト4に入ることができれば
また一歩全仏オープンに近づくことになる。

初めての南米ツアーで大変だろうが
持ち前の明るさでファイトして欲しい。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-01-25 09:51 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧