強風にどう対応するかが問われた

なじらね〜

2016全国選抜ジュニア北信越予選、二日目の結果(2016/4/3 富山市)。

U12女子 松山紗奈 2回戦 75,76(4) 準々決勝 16,06
U14女子 沼野菜海 2回戦 63,46,63 準々決勝 46,16
二人は5位〜8位決定戦にまわる。

春の風が吹き荒れる岩瀬運動公園テニスコートでは接戦が多く繰り広げられた。
吹くなと言っても風は吹く。
ならば吹き荒ぶ風をうまく利用する頭を持とう。
自分の背後から吹いているのか?
前から吹いているのか?
それとも横からか?

だったら相手が打ったボールはどう飛んでくるのか?
自分の打つボールはどうなるのか?
だから風上からはどうして風下からはどうすればいいのか?

コートサイドでやきもきしながら見ているパパママの顔をいくら覗いても答えは返ってはこないのだよ。
自分で考え自分で決断し自分で行動するしかない。
現にそれをしっかりとやっている選手もいたのだ。
そんな姿は頼もしい、たくましい。
そんな選手はプレー中の顔に輝きが見て取れる。
試合をしながら成長していっているのがわかる。

だから、風が吹くと面白い、風が吹くと子どもはたくましくなっていく。

どうやら4/4は雨のようだ。
さあどうする?


e0156339_08220732.jpeg
e0156339_08225059.jpeg
e0156339_08233015.jpeg
e0156339_08245406.jpeg



[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-04-04 08:42 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧