見る!

なじらね~
e0156339_05262237.jpg

e0156339_05260669.jpg

櫻井コーチと言えばワールドジュニア日本男子チームの監督。
今年はアジアオセアニア予選で日本チームを3位に導き世界大会に駒を進めた。

多忙を極める毎日だと思うが、その櫻井コーチがプライベートな時間を割いて指導にきてくれた。
アジアオセアニア予選が終わったばかりだったのでその試合のこともうかがいたいなと思っていたところでの来校で、これは嬉しかった。
櫻井コーチ、ありがとうございました。

たくさんの興味深いエピソードというかテーマに触れることができたのだが、現在私が行っていることと重なっていることがあって、それは何かと言えば・・・「見る」ことだ。
「認識」あるいは「認識する能力」と言ってもいいだろう。

これは、すごく当たり前のことで、当然過ぎて気にならないのではと思うくらいなのだろう、だからかえって理解するのが難しいとも言えること。

自分の打ったボールが相手コートのどこでバウンドするか?
相手の打ったボールが自分のコートのどこでバウンドするか?

たったこれだけのこと、たったと言えるほどのことなのだが、この情報をどの程度使いこなしているかと言えば・・・残念ながら・・・・、と言った方がいいかも知れない。

「見る」とは、単に目で見ることにとどまらず、目で見て得た情報をどう使いこなしていくのか?と言うのと同じことだと思う。

単純な例を挙げると、交差点で信号を見て、青だと渡る、赤だと停まるのと同じ。
では、交差点の10メートル前まで来ているとして、目の前の信号を見るだけでなく交差する側の信号を見ることはしないだろうか。

10メートルの距離を歩いている間にただ正面の信号を見るだけでなく交差する側の信号がどうなっているかを観察確認することによって10メートルの距離を歩いたのちに信号がどう変わるかを予測することが可能なはずだ。何秒か後の自分の行動を我々はこういう方法で決めていて、それはテニスにおいても同じだと思う。

鋭く、正確に見る!
それは勝利への道!


[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-05-03 06:57 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧