雪国、夏、青空、テニスの音

なじらね〜
e0156339_21003012.jpeg

青空っていいな、と思いながら康大と朝の散歩&コンディショニングへ出かける。
舞子高原スキー場のゲレンデまで。

2016RSK北信越予選in大原運動公園テニスコート。
佐々木康大の2回戦の相手は第3シード。
今回ノーシードの康大にとってこの壁は何としてでも乗り越えたい。
朝から自身にプレッシャーをかけているのが見て取れる。
悪いことではない。
それも試合のうちだと考えればいい。

14番コートに入る前に縄跳びをさせる。
縄跳びは無心になるにはもってこいのツールだ。
20回跳んでは深呼吸、それを5回行なってコートに入る。

結果は6-3 6-4のストレート勝ち。
セカンドセットは2-4から逆転できた。
相手のうまさを自分の中に取り込んでいる。
いい状態だ。
試合をしながら相手から学ぶことができればこんないいことはない。
対戦相手にはだからいつも感謝すること。

準々決勝も相手はシード選手。
序盤は競ったが長いデュースゲームを取ったせいかそこからはゲームの流れをしっかり掴んで6-4 6-0の勝利、ベスト4に。

緊張を感じながらも試合をしながら上手くなっていっている。
いいことだ。
e0156339_21242422.jpeg
試合後、明日の準決勝に備え約1時間ほどサーブを中心とした練習をして宿に戻る。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-08-28 21:30 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧