勝つことによって得られる次の体験

なじらね~
e0156339_08570484.jpg
e0156339_08570477.jpg

ハンガリー・ブダペストで開催中の2016ジュニアフェドカップ世界大会。
内藤祐希(新潟開志国際高校1年)を擁する日本チームはグループCでイギリスに2-1で勝って3戦全勝となり準決勝に駒を進めた。
祐希は第1セットを0-6で落とすも続く2セットを取り逆転勝ち。
ダブルスでも勝ってチームの勝利に貢献している。

Yuki NAITO 0-6 6-3 6-4 Eliz MALONEY

準決勝はグループDで全勝のアメリカと対戦だ。
グループAのロシアとグループBのポーランドが片方の準決勝。

今日(9/30)は5位から6位のプレーオフが行われるので準決勝は1日おいて明日だ。
新たな体験ができる。
素晴らしいことだ。

詳細はこちら


片や国内では岩手国体が始まる。
少年男女の試合は10/2からアッピ高原テニスクラブで。
こちらも勝利体験を重ねた結果の代表であり、新たな体験ゾーンへの突入だ。
新潟県少年女子は長崎県と香川県の勝者と、少年男子は群馬県と対戦する。
チャレンジ!

(写真はITFのサイトから)





[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-09-30 09:16 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧