最終日の収穫

なじらね〜
e0156339_13451381.jpg
e0156339_19341893.png
2016RSK全国選抜ジュニアテニス大会、最終日の今日の天候は午後から雨の予報。
でも、試合は2ラウンドだけなのでなんとか全日程を終わることができた。

今朝も6時からホテルの近くの公園コートで練習、そして朝食、会場に移動、8時50分から9時20分までの公式練習、そして試合だ。

康大は27位、28位決定戦で福岡の竹井海君と対戦。
6-4 6-3で勝ち、今大会は2勝3敗となった。

昨夜のミーティングで考えたこと、やろうと思ったことはどの程度できただろうか。
ボールを落とさず打点を高くすること、守りの場面で不用意にストレートに打たないこと、ウイナー級のボールが来ても絶対にあきらめず相手ボールがツーバウンドするまで走ること、ファーストサーブの確率を80%以上に上げること、ポイントを落とした時はバモス!取った時はカモン!と言うこと、動作と動作の切り替えは弾むようなサイドステップを使うこと、歩く時は胸を張って元気良く歩くこと。

どの程度できたかはともかく、懸命にやろうとしたことは確かだ。
その結果の勝利だとも言える。

自分のテニスをこれからどう変えていけばいいのか、全国の選手を相手に試合を重ねることでその中から実感することができるこの大会は13歳以下のジュニアにとって何よりの大会となっている。

2勝3敗の康大、果たして何を感じたか?
自分に勝った選手が持っていて自分にまだ備わっていないものは何か?
自分の優れているのはどんな点か?
対戦はしてないが試合を見ていて自分に無いものを使っている選手がいたら、それは一体何か?

大抵の場合、試合をして負ける原因は相手が強いか自分が弱いからだが、強くなるにはどうしたらいいかは相手がその試合の中で教えてくれていることが多いものだ。
それをこの年齢のジュニアが自分だけで分析するのは骨が折れる。
こんな時に重宝するのが、たった今終わった試合のプレーの映像をすぐに再現することができるipadだ。
非常に便利なツール。
自分の動作、相手のショット、相手と自分の位置、そしてその時の心理状態まで手に取るようにわかる・・・。
百聞は一見にしかず、とはよく言ったもの。

さて、新幹線はもうすぐ新潟に到着する。
岡山から東京までは爆睡していた康大も目を覚まして自分の試合を映像で再度確認。
康大改造計画のスタートだ!





[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-10-16 19:36 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧