チャレンジの向かう先

なじらね~

Dunlop Srixon Japan Open Junior Tennis Championships 2016 はITFのGrade2 大会。
名古屋市・東山テニスセンターにて、予選が今日(10/23)から始まった。

本戦ドローサイズは単48、複24。
ストレートイン(D.A.)は34人、残る14人の枠を予選で決める。
女子ストレートイン34人のうち日本人は23人。

日本人の世界ランク最高位(D.A.決定時点)は内藤祐希で15位。
宮本愛弓が25位、佐藤南帆が103位と続く。
坂詰姫野の名前もあり、まだランクは864位と低いが大阪市長杯2016では200位台の選手に1回戦勝っている成長株だ。
大阪市長杯2016で決勝進出の本玉真唯(2015大阪市長杯優勝)の名前はない。
今頃靭テニスセンターのコロシアムで決勝を戦っているに違いない。
目指せ2連覇!



松本市ではJOC北信越予選が行われていて、高橋一生は初戦で第8シードに76(3)2662勝ち、2回戦1616敗退。
来週の選抜北信越予選(団体戦)での奮起を期待する。

関東・グリーンテニスプラザ首都圏オープン秋季大会14歳以下(10/22)で山田旺典は初戦46敗退。
提出された振り返りシートに旺典のチャレンジぶりが示されている。

来週末は新潟県ジュニアリーグⅣが南魚沼市・大原で開催される。
予選に当たるフューチャーズ大会で権利を得た選手も出場する。

チャレンジだ!





[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-10-23 14:07 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧