波形純理プロの全豪出場権ゲットに思う

なじらね~


e0156339_08275792.jpg

(にいがたトレセン練習会・第2回目 12/4)



日本選手の世界ランキング(2016/12/5現在

◆男子シングルス
5位(---) 錦織 圭(日清食品)
100位(---) 西岡良仁(ヨネックス)

◆女子シングルス
40位(---) 土居美咲(ミキハウス)
48位(---) 大坂なおみ
78位(---) 奈良くるみ(安藤証券)
94位(---) 日比野菜緒(LuLuLun)
96位(---) 尾崎里紗(江崎グリコ)

ランキングと顔ぶれを眺めながら、100位以内に入るには相当の努力と周囲のサポートがなければと想像する。

試合の結果はネットで配信されるからすぐにわかるが、どんな努力をしていたかを目にする機会はほとんどないので想像するしかないのだが、国内の大会だけではポイントをゲットすることも賞金を稼ぐこともままならない現状では世界中を転戦することが求められ、それに費やすエネルギーと経費はいかばかりかと思う。

本人の強い意志と努力に加え周囲の厚いサポートがなければ到底続けられないだろう。

などと考えているところに、波形純理が全豪のダブルス本戦出場権を獲得したという嬉しいニュースが飛び込んできた。

<JTAニュース>
全豪オープンのアジア・パシフィック・ワイルドカード・プレーオフ(11/28~12/4、中国)で、34歳の波形純理(伊予銀行)がチャン・チンウェイ(中華台北)と組んだダブルスで優勝し、全豪の本戦出場権を獲得(女子シングルスにも出場したが準決勝で敗退)。

思わず拍手!
おめでとう!全豪出場!

最近のジュニアたちに波形純理プロって知ってる?と聞いてもそれ誰?という感じだが、波形純理といえば全日本ジュニア優勝、インカレ優勝、全日本選手権優勝など多くのタイトルを取っている。
ジュニア時代には大会会場でいつも見かけたものだが息の長い選手になったものでその努力の継続には大いに敬服するものだ。

彼女は現在でも相当の努力をしているに違いないがその日々の姿をジュニアたちに見て欲しいなあと思う。

目標(夢)は何ですか?と訊けば「ウインブルドン!」と答えるジュニアは多いが、じゃあそのためにどんな努力をしてますか?という問いには黙ってしまう・・・。

目標に見合った努力があるはずです。
その努力をしたからと言って必ず到達できるかというとそれは分からないけど、努力しなければ一歩だって近づくことはできないし、目標を達成あるいはすぐそばまで近づいた人はみんな出来得る限りの努力をしたと口をそろえて言っている。

目標と努力は一体のものだと考えるようにすればいいと思う。
そして、目標を口にする時は努力の内容も一緒に言うようにすればいいと思う。


私の目標は〇〇〇です、そのために△△△をしています!


風邪を引いてしまい何もできずに寝込んでいるのだが、波形純理の全豪本戦出場権獲得ニュースに元気をもらいました。
ありがとう!






[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-12-07 08:04 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧