冬至の日、朝練のあとに考える

なじらね~


e0156339_11123227.jpg


朝5時半に起きて朝食をいただいて6時半から朝練。

私が愛車(マウンテンバイク)でコートに着く頃には2,3人がすでに待っている。

冬至の今日の6時半はまだ暗い。

でも新潟には珍しい快晴!

風もなく寒くもなくおだやかな朝だ。

今日は6人。

スピンのコントロールが今日のテーマ。

1人は練習に加わらずにずっと宿題をしていたが、それもまた良し。



朝練を終えてジュニアのお母さんが淹れてくださったコーヒーをすすりながらこの1年を振り返る。

全国大会に駒を進めたのは沼野菜海(全日本ジュニア14歳以下:単、中牟田:複)、佐々木康大(RSK:単)、信田航(全日本ジュニア12歳以下:単)。

戦績はそれぞれだがすでに来年に向かって行動をスタートしている。


北信越予選には出たが全国への切符をゲットできなかった者、惜しくも北信越予選に手が届かなかった者、どのポジションだとしてもこの冬は来シーズンのために過ごして欲しい。

それまでできなかったのにできるようになったこと、練習ではできるようになったのに試合では使えなかったこと、もっとこうすれば良かったなあと思うこと、試合中に突然できるようになったこと、などなどを振り返り、だからこうしよう!と思って欲しい。



天候のせいで外のコートが使えなくなる新潟ではこれからの3ヶ月間が大事。

やれることはいっぱいあるよね。

雪国だからと言い訳するところに成長と飛躍の未来はありえない。

この1年をよく振り返って、やることをさがそう。

やりたいと思うことではなく、やることを。

そして・・・やるぞ!


私も・・・!







[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-12-21 11:17 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧