第1シードでの優勝のご褒美

なじらね~

e0156339_12332900.jpg

齋藤瑠奈(中3)が福島県春季ジュニア選手権大会16歳以下の部で優勝したというニュースが届いた。
東北大会(7月14日~18日)を経て全日本ジュニア(8/8~)につながる大会だ。

瑠奈は第1シード。
実績があるから第1シードになるのだが、その位置で勝ち抜くのは実はそう簡単ではない。
理由はいくつかあるがそれはさておきその中での優勝の意味は大きい。
優勝は素直に嬉しいからだ。
おめでとう!

問題はその後だ。
更にチャレンジを続ける気持ちを持つことが優勝のご褒美だと考えて東北大会に向かって努力して欲しい。


e0156339_12341207.jpg

齋藤葵平(内野小6年・ジャンボ)も2017県小学生大会で第1シードでの優勝を成し遂げた。
3月のダンロップ全国選抜ジュニア県予選では第2シードのポジションから決勝で第1シードを破っての優勝。
そのポイントでランキングが上がり今大会は第1シード。
決勝で対戦した横堀陽太郎(坂井東小4年・ジャンボ)と共に終始大きな声を出しての戦いぶりが頼もしかった。
表彰式でのウイナーズスピーチも立派なもの。
顔には充実感が見られた。
おめでとう!

さて、全小につながる北信越大会は6月17日から松本市の信州スカイパークで行われる。
それまでに更にレベルを上げていこう。
優勝のご褒美はチャレンジし続ける強い心を持つことだよ!





[PR]
Commented by ひまわり at 2017-04-25 15:31 x
ありがとうございます。
更にうえを目指して日々努力してもらいます(๑˃̵ᴗ˂̵)
Commented by jumbozaki-625 at 2017-04-27 21:54
ひまわりさん

努力を重ねる姿はカッコイイですよね!
全国大会目指してファイトです。
by jumbozaki-625 | 2017-04-25 13:11 | テニス | Comments(2)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧