成長するには日常から

なじらね〜

e0156339_23242738.jpg

e0156339_23245311.jpg

e0156339_23091757.jpg

e0156339_23053388.jpg


どの大会でも黙々と試合前のアップや試合後のクーリングダウンをしているジュニアがいる。

ある少女。

すでに身についているのだろう、そうすることが。
言われなければやらないジュニアがいる反面、こういうジュニアの存在が確かにある。

2年後、3年後に大きな差が出てくるのは目に見えている。

さて、福井運動公園での2017全国中学生テニス北信越予選、2日目。
シングルスでジャンボの沼野菜海はベスト4に進出し沖縄で開催される全中への切符を手にした。
尾崎コーチを沖縄大会に連れて行きますよ、と言っていた菜海、しっかり約束を果たしてくれたことになる。

佐々木康大は4決めで敗れ、5位〜8位決定戦に望みを託すこととなった。

男子ダブルスでは内山照英(・原山周)組と佐々木康大(・斎藤翔太)組が初戦で対戦し内山・原山組が勝利。
続く4決めではファイナルマッチタイブレークで残念ながら敗退。

女子ダブルスでは沼野菜海(・渡部結衣)組がベスト4に進出、菜海は単複共の沖縄行きを掛けて闘う。








[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-05-27 23:23 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧