2017中牟田杯北信越予選初日

なじらね〜

富山と言えば立山連峰、その立山連峰を望む岩瀬浜の近くにあるのが岩瀬スポーツ公園で、その一角にある砂入り人工芝テニスコートが中牟田杯北信越予選の会場だ。

今年、北信越から博多での全国大会に行けるのは男子シングルスが6人、女子シングルスが7人、男女ダブルスが各7組。
規定枠が5なので先輩たちの戦績に応じた配分がそれだけあるということ。
シングルスだと、32人の出場者のうち7人が全国に出られるわけだから、みんなその枠をゲットしようと必死になるのは当然。

初日の今日はシングルスの1、2回戦が行なわれた。

e0156339_23340058.jpg
ジャンボから出場した内山照英は初戦4636敗退。
1年前に比べると長足の進歩を見せる照英なので勝つチャンスを作れないわけではなかったが相手よりわずかにミスが早かった。
シングルスでは負けたので明日のダブルスで気を吐くにちがいない。
e0156339_23354844.jpg


第4シードの佐々木康大は初戦631661で勝利したが2回戦は76(5)2606で残念ながらベスト8を逃した。
ダブルスで全国を目指す!
e0156339_23363516.jpg

e0156339_23371019.jpg
沼野菜海は今回ノーシードでの戦い。
1回戦は6360で勝ち、2回戦は第4シードとの対戦だったが6275で勝ちベスト8進出。
2回戦、65で迎えた第12ゲームは菜海のサービスだったがdeuceの繰り返し、相手のゲームポイントと自分のマッチポイントが何度もあるシーソーゲームとなった。
相手のバックのリターンがネットにかかって勝利が決まった瞬間、ガッツポーズ。
ここぞという場面でいい意味での開き直りのショットが打てたのは大きな収穫と言える。

試合後もコートで練習し、練習後はダッシュの走りこみをしてから電車でホテルに戻った。
e0156339_23375666.jpg

e0156339_23383189.jpg

e0156339_23385903.jpg

入浴、夕食、ミーティング。
ミーティングでは明日の試合に向けての抱負をプレゼンテーション。
これも試合の一部分だ。


明日はダブルスも始まる。
単複合わせて3試合が待っている。

ファイト!






[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-09-08 23:46 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧