国体での中学生の活躍


なじらね~

e0156339_11580024.jpg
(新潟空港で出発を待つ菜海と美友)



今年の国体は四国の愛媛。
テニスは松山市の愛媛県総合運動公園テニスコートで開催される。

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体・・・君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え
うん、いいキャッチフレーズですね。

この二人の笑顔もキャッチフレーズにふさわしく素晴らしいと思いますよ。



ここのところ新潟県の少年の部のうち女子は中学生が国体選手に加わっている。
2015年の内藤祐希、2016年の坂詰姫野と松山明日葉、そして今年はジャンボの沼野菜海。

高校生が弱いのではなく中学生が力をつけているのは確かだろう。
早川美友と二人で国体という場で経験値を上げて欲しい。

10/1の1回戦の相手は地元と言える高知県、勝てば次は第7シードの山口県。
男子は第4シードに位置し宮城県と島根県の勝者と2回戦から。

8ゲームプロセット、セミアドバンテージ方式(各ゲーム2回目のデュース
のとき、ノーアド方式に切り替える)で、1複2単を行ない先に2勝した方が勝者となる。

表彰は第1位から第8位までなのでどの県もベスト8を目標とすることが多い。

県単位の行動は普段はあまりないので大人の選手たちに混ざっての日々は良い体験となる。

優れた大人たちの中で、全てにおいて全力で取り組んでいこう。
もちろん、適度な息抜きも、ね。


新潟から応援オーラを飛ばそう!




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-09-29 12:28 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧