ひな祭忘れて子らは伸びていく

e0156339_265515.jpg

ジュニアクラスのテニスレッスンをしている時に気をつけること。

ハイ、という返事にならないような話し方をするようにしている。

たとえば、「ボレーをストレートに6球打ったら隣の列の後ろに
並んで、前の人のスイングに合わせて素振りをしながらフォー
ムを確かめるんだよ。分かったね。」というと全員が「ハイ」と返
事をする。

ところが、練習を始めると、4球で替わろうとする子や6球打っ
ても交替しない子が出てくるし、「コーチ何球で替わるンでし
たっけ?」と訊いてくる子もいる。

オイオイ、たった今言ったばかりだろう、それに、全員ハイと
返事しただろう?


これはどういうことかと言うと、つまり、「ハイ」と返事はするの
だがその意味をきちんと理解してはいないのだ。

まあ、とりあえず「ハイ」と返事をしておけばいいだろう、コーチ
はうるさいし、という程度にしか考えていない「ハイ」のようだ。

どんな時でもしつこく「ハイ」を要求する我々大人たちの習性を
学びとった子ども達の処世術の一つのようでもある。

だから私はこうしている。

「ボレーをストレートに6球打ったら隣の列の後ろに並んで、前
の人のスイングに合わせて素振りをしながらフォームを確か
めるんだよ。よし、コーチが今言ったこと、これから練習するこ
とを隣にいる仲間に分かるように説明しようか。聞いた方はそ
れをまた相手に言って確認しよう。」

すると、隣にいる子をつかまえて、それぞれが説明を始めるこ
とになる。

これが、そばで聞いていると面白い。

長~い、一つの文章にして話す子もいれば、要点を区切って
要領よく説明する子もいる。

え?え?と何度も聞き返される子もいる。

このやり方を続けていると、中には、私の説明よりも分かりや
すいんじゃないかと思えるような上手い説明をする子も出てくる。

それに、小さかった声が大きくなっていったり、聞き返される
回数が減っていったり、相手の目を見れなかった子がしっか
り見るようになったり、説明の間違いを上手に直してあげるこ
とができるようになったりもしてくる。

子どもが成長する瞬間だ。
[PR]
Commented by masa at 2009-03-11 22:43 x
これよくあります。こんな時オイオイオイオイ!こんにゃろめ~って角出してますよ僕。身に沁みる

いただきます。
Commented by jumbo at 2009-03-18 01:58 x
>masa

少し、また少し、変化していきますね。
by jumbozaki-625 | 2009-03-09 02:10 | テニス | Comments(2)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧