2016年 03月 27日 ( 1 )

それぞれの戦い、それぞれの思い

なじらね~

e0156339_18082709.jpg

e0156339_18082754.jpg

e0156339_18082721.jpg
3月も終わりに近づき、国内外でさまざまな大会が行われている。

ジャンボのジュニアたちもこの週末は長野市への遠征。
ながのスプリングジュニアテニストーナメントへの出場だ。

康大は14歳以下シングルスで準優勝。
準決勝でKAITO君に6-4勝利、決勝はKAZATO君に2-6。
ダブルスにも出ている。

理子は10歳以下の部でベスト4。

菜海は海希と組んだダブルスで18歳以下にチャレンジし準決勝でお姉さんペアに2-6で退けられるがベスト4。

主催の庭山コーチ、お世話になりました。ありがとうございます。

東北に目を向けると、全国選抜ジュニア東北予選が仙台市泉総合運動場テニスコートで行われている。
瑠奈は1回戦を8-2で勝って、以降は明日に順延だそうな。
上位2名が全国大会への出場権を得る。
32ドローだからあと3つ勝てば全国だ。
3回戦は第2シードとの対戦が予想される。
楽な試合はないだろうが常に前向きな心でプレーすることだ。

マレーシアでのITFジュニア大会(グレード1)で内藤祐希はシングルスベスト16、ダブルスベスト8だった。
負けても試合内容は良いと聞いている。
実力をつけていく時だ。
まだまだこれから。

プロの世界では、マイアミ・オープンで錦織がエルベール相手に第2セット2-5から逆転勝ちし3回戦に進む。
2-5とリードされていても落ち着いていたという。
西岡良仁がロペスに勝って3回戦進出というのも嬉しいニュース。

福岡での高校選抜は終わったが、本格的な大会シーズンがスタートだ。
亜細亜大学や早稲田大学などを会場にした交際大会も進行中。

チャレンジの場は広がっている。
どのステージにいても、積極的で具体的な行動とチャレンジし続けようとする強い気持ちを持たなければ前には進まない。

今できないことはこれからできるようになる。
練習と試合の積み重ねで。


(写真提供:康大のお父さん、菜海のお母さん)





[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-03-27 23:31 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧