2017年 06月 05日 ( 1 )

負けを潔く認めることが次への一歩

なじらね~

e0156339_13222033.jpg

準々決勝のスコアは0-6。
内容を見れば、相手のプレーにほとんどスキがなかったと言える。
チャンスは無かったか?
といえば、数回あったがそれを生かせなかった。

負けた時に一番いいのは負けたという事実を素直にかつ潔く認めること。
そして、今後どうすればいいかを考え、それを実行すること。

悔しければ泣けばいい。
悔しさと涙は自分を強くしてくれる大きなエネルギーの源となりうる。
素直でかつ潔いことだけが次の行動につながる。
負ける時は負ける理由があるのだから。
イジイジしている暇はない!
闘志の蛇口を開けろ!

e0156339_13070554.jpg



中野亜美(開志国際高校2年)の2017新潟県高校総体シングルスはベスト8。
1回戦 6-1
2回戦 6-0 
3回戦 6-3 
準々決勝 0-6

白川星(新潟第一高校1年)ベスト32。
1回戦 bye
2回戦 6-1 
3回戦 1-6

平山美鈴(新潟第一高校1年)ベスト32。
1回戦 bye
2回戦 6-0
3回戦 1-6

e0156339_13190369.jpg
 
長澤優美(新潟中央高校3年)ベスト64。
1回戦 bye
2回戦 1-6

鈴木雄仁(新潟江南高校3年)ベスト64。
1回戦 6-1
2回戦 2-6 

渋井諒(新潟第一高校2年)ベスト32。
1回戦 bye
2回戦 6-2 
3回戦 1-6 

e0156339_13110137.jpg
小泉開(新潟明訓高校3年)ベスト32。
1回戦 bye
2回戦 6-2 
3回戦 0-6 

e0156339_13101947.jpg
高橋一生(新潟第一高校3年)ベスト16。
1回戦 bye
2回戦 6-1 
3回戦 6-0
4回戦 1-6


7月の国体予選・有資格者は以下の通りです。訂正します。
①3年:シングルスベスト8以上
②1,2年:シングルスベスト32以上
③各学校で①、②を除く2名まで

(ご指摘、ありがとうございました!)





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-06-05 13:19 | テニス | Comments(2)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧